【体験談】TOEIC600点取得のための英単語暗記!モチベーション維持と秀逸アプリをご紹介

TOEIC600点を取得するための、英単語の勉強法についてご紹介します。

英単語暗記の継続が難しい方に向けて「モチベーションの維持の仕方」や「どのようなツールを使うと暗記がはかどるのか」という学習法を解説しています。

筆者自身が苦手だった「TOEIC英単語の暗記」がスムーズにできるようになった秘訣を余すことなくお届け♪

ぜひ、まずはTOEIC600点を取得したい!という方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

TOEIC600点のための英単語:はじめに

TOEIC600点を取得するためには、英単語の暗記が不可欠です。

英単語がわからないと、リーディングもリスニングも解くことができません。

 

ただ、これから600点を取得する方にとっては、まず単語暗記の勉強を「継続」することが難しいのではないでしょうか?

 

きっとこの記事を読んでくださっている方は、英単語暗記の重要性に気づいていながらも、暗記に苦労している方が多いと推測します。

 

英単語暗記は、地味な作業です。

暗記しても、忘れ、暗記して忘れ・・・の繰り返しです。

強いモチベーションと正しいやり方がないと、なかなか継続できないと思います。

いちこ
正直、わたしも英単語暗記が苦手でした

そんな中でも、英単語暗記を継続できた「2つの簡単な方法が」ありました。

TOEIC600点を目指す方のお役に立てるように、ご紹介します!

TOEIC600点のための英単語:継続の秘訣①モチベーション維持

TOEIC600点を取得するための英単語勉強法、1つめについてご紹介します。

まずは、どうやって英単語勉強を継続するか?という「モチベーションの維持」についてです。

 

英単語を暗記しよう!!!!

と思っても、単語帳一冊をやりきれなかったり、継続ができなかったりすることがあると思います。

筆者もずっとそうでした。

 

ただ、TOEIC600点をクリアするには、英単語の暗記が必要不可欠です。

自分を鼓舞するためにやっていたことは

この単語が暗記できなければ、どうなるか?

TOEIC600点をクリアできなければ、どんな人生が待っているか?

を考えることです。

 

例えば

「TOEIC600点取得できなければ、昇進できない」

「このままでは、収入が上がらない」

「就職ができない」

など、できなかったら待っている未来を毎回想像するのです。

 

紙に書いて張っておくのも手です。

この時のポイントは、良いことよりも、悪いことを想像します。

「こうなりたくない!」

という姿をできるだけリアルに想像することで、単語暗記へのモチベーションにつながります。

簡単なことですが、効果は抜群です!

ぜひやってみてください!

TOEIC600点のための英単語:継続の秘訣②初心者向けの単語暗記ツールを使う

TOEIC600点を取得するための英単語暗記で、重要なのが「初心者向けの単語暗記ツールを使う」ということです。

 

巷には、人気の英単語本がたくさんあります。

『金のフレーズ』『キクタン600』など、有名な本に魅力を感じます。

実際、真面目にやれば、効果が出る素晴らしい書籍ばかりです。

 

ただし、英単語暗記の継続が難しい方には、少しハードルが高いかもしれません。

 

筆者がおすすめする条件は以下です。

・音声も一気に確認できるもの

・継続できていることが目に見えてわかるもの

・暗記のフックになるような一言があるもの

上記3点が満たされているものが、初心者に向いていると考えます。

 

詳しく解説していきますね!

 

音声も一気に確認できるもの

音声も一気に確認できるものとは、スマートフォンのアプリのようなツールです。

本を読んで、CDを聞いて…だと手間がかかってしまうことがあります。

手間=挫折への道です。

また、本だけで暗記をしようとすると、正しい発音が覚えられずにリスニング等で苦労します。

 

そんな時には、英単語の音声がいっぺんに確認できるツールが便利ですよ!

 

継続できていることが目に見えてわかるもの

続いて、「継続できていることが目に見えてわかるもの」の解説です。

具体的には、「〇日続きました!」や、今週は「〇時間勉強しました!」などがパッとわかると良いでしょう。

 

そうすることで、目に見えているため「やらねば!」という意識が高まります。

実際、筆者も「継続記録が途絶えてしまう」と思い、やり続けることができていますよ。

 

暗記のフックになるような一言があるもの

暗記のフックになるような一言があるものとは、

語源

日常生活に寄り添った解説

などのことを指しています。

 

例えば、handleという英単語の意味は何でしょうか?

ついつい、車のハンドルを想像してしまいますが、「~を扱う」という動詞です。

その際に、宅配便などのステッカーにある「handle with care(取扱注意)」を思い浮かべて一緒に覚える手があります。

もし、「handle with care(取扱注意)」に馴染みがなくても、調べて取扱注意のステッカー画像を見れば、記憶にとどめやすくなります。

ただ、これらをひとつひとつ自分で調べていたら、途方に暮れてしまいます。

元から、解説があるツールがベストです。

TOEIC600点のための英単語:夢のような学習アプリとの出会い

上記、3つの条件が揃うツール…

筆者は何年も出会うことができませんでした。

しかし、ダメ元で「スタディサプリ」のTOEICバーションを試してみたところ、この3つの条件がすべて叶ったのです。

 

宣伝臭い言い回しになってしまい恐縮ですが、本当に本当に!

革命的な出会いでした。

 

英単語暗記が苦手な筆者にとって、これほどまでに素晴らしいアプリがあったのか!という衝撃です。

継続のための「連続学習日数」があったり…

(勉強時間のカウントもあります)

英単語暗記のフックになるような解説がついていたり…

もちろん、音声もバッチリついています。

 

スタディサプリは、英単語だけではなく、英文法や実践的な問題を解く内容もあります。

どれも秀逸なのですが、筆者は英単語だけでも、月額使用料を払う価値があると感じています。

6カ月や12カ月など長い期間ではなく、1カ月の単発だけで充分!!!

まずは騙されたと思って、1カ月単語暗記に没頭してみてください。

全部で、1500語あります。

この1500語をマスターするだけで、問題を解いたときに見える世界が変わってきますよ。

ぜひ、まずは1度だけでも試してみてください。

筆者のように、英単語暗記が苦痛だった頃が懐かしくなるかもしれません(笑)