【現採用担当が語る】ワーママの正社員転職はやり方次第!理想の転職をするための秘訣

本記事では、

【ワーママ転職経験者】【現・採用担当】

2つの視点からワーママが正社員で転職するためのコツをお届けします!

ワーママで正社員転職を希望している方は必見ですよ♪

 

ワーママ転職で正社員になるのは難しい?

いちこ
本題に入る前に、自己紹介をさせてください。

筆者・いちこのプロフィール
▶上場企業で、商品開発などに携わる
▶育児との両立が難しく、転職
▶転職後は、採用担当に従事

新卒から勤めていた企業は、「働きたい会社」にも選ばれるほど超優良企業でした。
しかし…実際にいた部署は、深夜まで残業もあたりまえ!
子育て中であっても、時間に帰れない日が続いていました。
仕事を持ち帰り、子供と寝落ちした後、朝方2:00から仕事をすることも。
仕事は大好きで充実していましたが、起きている子供の顔を見られない日も続いていたので転職を決意したのです。

転職後は、保育園のお迎えにも(ファミサポを頼らず)自分で行けるようになり、大満足★
本記事では、
▶自身の「ワーママ転職体験」
▶現職の「採用担当者としての視点」
を活かして、転職に悩むワーママさんに参考になる記事をお届けしたいと思っています。

紆余曲折を経て、筆者はワーママ転職を実現しました。

そのおかげで、今は充実した生活を送ることができています。

 

しかし、ワーママ転職の道のりは、簡単ではありませんでした。

なぜ難しいのか、理由をみていきましょう。

 

◆理由①

ワーママは

・子育てと家事

・仕事

を両立したいと考えて、転職活動をすることが多いです。

 

そのため、多くのワーママが同じ条件で仕事を探します。

 

仕事のジャンルは異なるものの、応募数が多い市場に飛び込むことになってしまうのです。

結果、なかなか採用されにくいという実態があります。

◆理由②

ワーママに限らず、多くの女性を採用するにあたり、(口には出さなくとも)人事のハードルになっていることがあります。

それは、妊娠・出産です。

 

喜ばしいことですし、マタハラ・セクハラ・パワハラにもなりかねない、この話題。

面接の段階で、(相当コミュニケーションが上手い方でない限り)人事も聞くことができません。

(女性人事の場合は、体験談を伝えながら、雑談風に聞くこともありますが…)

 

でも、腹の中では、

「せっかく採用しても、すぐに出産でポジションに穴が開くのは困るなぁ」

と思っていることがあります。

1~2年以上働いて、戦力になり、次に引き継ぐ方に教えられるレベルまで育っていれば、話は別です。

この場合は、採用して、「即妊娠・出産」の場合を指します。

 

妊娠出産はもちろん嬉しいことなのです。

しかし、人を採用するということは、育て上げるまでお金がかかります。

 

正直、中途で入社した方が一人前になるまでは、コストなのです。

そのため、会社の利益を考えると、躊躇してしまうことがあります。

 

◆理由③

これは現在ワーママである筆者にとっても、1番耳が痛いことですが…

スキルアップのための時間が取りにくい

という点があります。

もちろん、通勤中・早朝・寝かしつけの後に頑張っている、ママもたくさんいます。

 

ただ、家事・育児を一手に担っている方は、自身のスキルアップにまで、なかなか手が伸ばせないという方もいるのも事実です。

(筆者も、寝かしつけの後に踏ん張れないときがあり、反省しています)

 

仕事内容によっては、業務時間以外にも、自己研鑽することで、力がつくことが多いです。

会社の後に、スクールなどに通うことが必要になることもあります。

 

ワーママ本人としては、聞いてくれれば

「それくらい、できます!やります!

こんな時間の捻出の仕方ができますし!」

と言えるのですが、人事側が口に出さずに「できない」と勝手に判断してしまうことがあるのです。

 

特に、会社の規模が大きく、男性の幹部の方が、パワハラ等を気にして口にしないことがあります…

 

※ワーママ転職を考えている方にとっては、少し不服かもしれませんが、正直に採用現場で起こっていることを書きました。

 

ワーママが企業にアピールできること

前章では、正社員転職が難しいということを羅列してしまいましたが…

 

しかし、企業に向けて

「ワーママを正社員で採用したい」

と思わせるアピールポイントもあります。

 

現役採用担当者として、どのようなことをアピールすると良いかを解説します。

◆時間管理の上手さ

保育園のお迎え時間が決まっているワーママは、時間管理の上手さがピカイチです。

タスクを整理して、時間までに完了させる、高いスキルを持っていることが多いです。

また仕事以外の日常生活でも、

・家事

・育児

・保育園やママ友との付き合い

などなど、様々なタスクを自然とこなしている方も多いのでは?

 

自分では気づかなくても、他の社員から見ると

卓越した、タイムマネジメント

が出来ている可能性がありますよ。

◆企業のロールモデルになる

「女性の幹部社員登用」をすることで、イメージ向上を目指している企業も多く存在します。

そのため、

転職希望者
私は、役職を目指して頑張ります

とアピールすることで、ロールモデルになりうる存在として注目されることがありますよ。

 

もちろん、そのためには

転職希望者
そのために、私は〇〇の部分で貢献できます

というエビデンスも必要です。

ワーママ転職の求人条件

では、ワーママ転職で、どのような求人条件を選んだら働きやすいかをまとめました。

◆育児休暇取得実績がある会社

最初に、「育児休暇取得実績」がある会社に注目しましょう。

やはり、実績がある会社の方が、ワーママに理解が高いです。

ワーママがいるということも、心強いですよ。

◆フレックスや時短勤務にも対応可

会社の勤務要件の中に

・フレックス

・時短勤務

がある求人条件に注目してみましょう。

 

特に「フレックス」がおすすめです。

 

転職希望者

子供を病院に連れて行くために、遅刻したい!

でもその分、違う日に早出してカバーしたい

などの融通が利くため、便利です◎

ワーママ転職で正社員になるための近道は?

最後に、ワーママ転職で正社員になるための近道をご紹介します。

それは、転職エージェントを使うです。

転職希望者

え?転職エージェントって、何?

連絡がたくさん届いてめんどくさいんじゃない??

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、登録をすると、エージェントから連絡が届きます。

ただ、不要であれば「不要」の旨を伝えれば、即連絡がなくなります。

 

転職エージェントに登録すると、

①転職エージェントでしか持っていない

非公開求人がある

 

②専門コンサルタントが

応募したい企業のことを詳しく教えてくれる

 

③初めての転職でも

フルサポートしてくれる

という、大きなメリットがあります。

 

筆者も採用担当として、転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談することがあります。

「会社のことを良く知って、よりマッチした応募者を推薦しよう」

という意気込みを、転職エージェントの方から感じています。

 

情報を聞くだけでも、価値があるので、無料登録をして損はありません、

 

ちなみに、たくさんある転職エージェントの中でも、特にオススメの2社をご紹介します。

転職エージェントは、1つに絞らず、最低でも2つは登録しておくと

自分に合った方を選ぶ

ことができます。

そのため、今からご紹介するエージェント2つは、どちらも登録しておくことを推奨します。

(もちろん、筆者も転職の際にどちらも登録しました!)

 

①転職成功実績No.1、業界最大手の転職エージェント

とにかく「リクルートエージェントに登録しておけば、間違いない」というレベルの求人数。

ワーママにもおすすめの求人紹介をしてくれます。

とにかく転職への高実績があるため、心強いです。

⇒リクルートエージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

②キャリアアドバイザーの手厚さに定評がある、doda

「自分で探した求人は全滅だったけど、dodaに任せたら一発で採用!」

という方も多いのがdodaです。

その理由は、キャリアアドバイザーの熱意と愛情です。

きめ細かいサポートがあるので、面接の相談などもばっちり対応してくれます。

⇒DODAエージェントサービスの登録はこちら(公式サイト)

 

今すぐの転職を考えていなくても

「こんな求人があるんだ」

「こういう職種にいつか応募するためには、この資格があるといいのか!」

ということがわかります♪

そのため、早め早めに2社は、サクッと登録しておくと安心です。

 

まとめ

ワーママの正社員転職について解説しました!

自分のためにも、家族のためにも、よりよい人生を選択するお手伝いができれば嬉しいです♪

この記事をSNSでシェア!