人事が不採用にしたくなる面接の回答は?「こんなワーママ転職者イヤだ!」

ワーママが転職するにあたり、避けて通れない面接。

ついつい自分の状況を伝えたくなる気持ちは、わかります。

しかし、志望企業のことを考えずに発言してしまうこと、ありませんか?

採用担当者は、何気ない会話から

「会社にマッチするか?」

「前向きに働けそうか?」

をチェックしています。

 

現・採用担当の筆者が過去にしてきた質問の中から、

「こんな回答は不採用にした!」

というものをピックアップしました!

人事が不採用にする基準もわかるかもしれませんよ☆

※あくまでも一例として捉えてくださいね

 

【転職者向け】人事が不採用にしたくなる回答

それでは、転職者向けの「人事が不採用にしたくなる回答」をご紹介します。

ちなみに、回答には正解はありません。

ただ、「採用担当者ってこんなこと考えているのか~」と思いながら、見てくださいね♪

 

前の会社も潰れて、その前も倒産して、親と仲が悪くて…

人事
なぜ当社を希望しているんですか?
応募者
前の会社も潰れて、その前も倒産して、親と仲が悪くて…

と自ら、とことん不幸をアピールする方!

それは、採用担当者からは「運がない」と見なされます。

かの有名な松下幸之助さんも、「運がない」と答えた方を不採用にした逸話もあります。

もし、過去に様々な苦労をしてきたとしても、「運が強い」と信じて、人生を逆転させることが大切です。

転職して、入社したとしても、ジメジメと不幸オーラをまき散らされたら、たまりません!

 

苦労した経験などを、どれだけ肯定的に考え、自身の努力で変えてきたか?

そこには、自分を信じる力や“運”があったのか?

などを、人事は見ていますよ!

 

また、ワーママの場合は、現職で子育てと仕事の両立に苦労している話をする方もいらっしゃいます。

それ自体は、NGではありませんが、愚痴っぽくならないように注意しましょう☆

 

◆もっと自分が輝ける仕事がしたいです!

人事
当社でどのような仕事がしたいですか?
応募者
もっと自分が輝ける仕事がしたいです!

質問に対して、意図がずれている回答です。

この質問で人事は、

「当社のことをどれくらい研究して、応募者がどのスキルで貢献できるのか?」

を聞きたいと思っています。

それに対して、輝けるという答えだと、あまりにも曖昧です。

また、日の目を浴びるような仕事以外の雑用などは、避けたいのかな?とも考えられます。

 

しっかりと企業研究をした上で、

自身の過去の経験とスキルから活躍できそうなこと

を“具体的”に語ることがポイントですよ!

 

◆〇〇(競合)が第一志望です

人事
他にどこか受けていますか?
応募者
〇〇(競合)が第一志望です

 

他社の志望について聞いたときに、

弊社以外(しかも競合企業)を第一志望

という方もいらっしゃいます。

もちろん、正直なことは素晴らしいのですが…

「〇〇も受けていますが、△△の理由で御社が第一希望です」

などと回答した方が無難です。

「転職してまで当社に入りたい」という入社への強い意志を感じる回答ができると、良いですね!

 

◆旦那が毎日遅い上に、家事も全然してくれなくて…

人事
お子さんがいらっしゃると毎日大変ですよね
応募者
旦那が毎日遅い上に、家事も全然してくれなくて…

ワーママ転職によくありがちなのが、面接で旦那の悪口を言うパターンです(笑)

信じられないかもしれませんが、ちょっとした質問からぽろっと出てくることがあります。

それ自体がマイナスにはなりませんが、たまにそこからヒートアップしてしまう方も。

せっかくの面接時間が、旦那の愚痴で終わってしまっては、もったいないです!

それに、「この方は愚痴っぽいな、チームメンバーとうまくできるか心配だな」と思われてしまい、不採用になるケースもありますよ。

 

◆全て引き受けることができます!全部できます!

人事
転職後、当社の業務で即戦力になれそうですか?
応募者
全て引き受けることができます!全部できます!

具体的な根拠もないままに、

「私できます!」

「全部できます!」

と言う応募者には、少し不安を感じることがあります。

もちろん前職の経験や、具体的な根拠を提示した上での回答であれば、◎です!

 

また、「全部できます」も頼もしいですが、

「〇〇の部分に関しては、前職の△△の経験があるため、すぐに対応可能です。

ただし××に関しては、□□の理由ですぐ実務に活かせるかわかりかねるので、◇◇までに自己学習をします」

などと、不安な点も含めて、話してもらえると、人事側も安心します。

 

◆今の会社は、本当にひどいです、最悪です!

人事
なぜ転職を希望しているのですか?
応募者
今の会社は、本当にひどいです、最悪です!

転職理由として、現職(もしくは前職)の悪口を言う方がいます。

せっかくの面接なので、自分をアピールする場として使うべきです。

応募者の知識や意欲などのアピールポイントを聞けないばかりか、

「採用しても、会社の悪口を言って、社内のムードを悪くするかも?」と人事も判断しかねません。

 

ワーママの場合は、

「全然帰れなくて!」「夜中も仕事していて!」

などの仕事と子育ての両立に苦戦していることを話されるパターンがあります。

 

・時短が使えるか?

・子育て女性も活躍できるか?

は、最後の質疑応答や、もっと適した質問の時にすると良いかもしれません。

もしくは、後述する転職エージェントのキャリアアドバイザーに、事前に確認してもらう手もあります。

 

あくまでも転職した志望動機を聞いているので、知識やスキルを踏まえた上での回答が望ましいです。

その上で、「女性が働きやすい職場と聞いています」などとプラスオンでの発言の方が、人事担当としては良い印象を受けます。

人事に不採用にされないための心構え

最後に、人事に不採用にされないための心構えについてお伝えします。

人としても基本的なことばかりですが…

・悪口を言わない(他社のことでも)

・愚痴っぽくならない

・質問には、的確な回答をする

・嘘はつかない

という基本的なことは、留意しましょう☆

 

今回ご紹介した回答は、特にエッジのきいたものを厳選しました。

多くの転職者に関しては、キラキラした目と希望を持って、人事がワクワクするような回答をしています。

「この人と一緒に働きたい!」

となることが、何よりのポイントですよ♪

 

不安な方は転職エージェントのアドバイザーに相談することも可能です。

転職エージェントに登録することで、

・非公開求人を紹介される

・志望する会社への面接対策やアピールポイントを教えてもらえる

などのメリットがあります。

筆者も、人事として転職エージェントの担当者と打ち合わせをすることがあります。

その際に、会社の方向性や求める人材、働きやすさに関することまで、色々突っ込まれて質問されます。

その情報を転職希望者に流して、より企業にマッチする方を紹介してくれています。

 

特に、ワーママの場合聞きにくい、

時短にできるか?

子供が熱を出した時や、行事の時は休めるか?

などの確認・調整も、エージェントの方が協力してくれるから安心です♪

 

デメリットとしては、登録するとメールがくるようになることです。

ただ、不要と感じたら、簡単に停止することも可能です。

まずは、転職エージェントに登録してみるのも、おすすめですよ。

 

ただし、転職エージェントといっても、たくさんあって迷ってしまうかもしれません。

実際に、採用担当の筆者がお付き合いしていて、「ここいいな!」と思うところだけピックアップしてみました。

転職エージェントは、応募者と直に接するキャリアアドバイザーとの相性も大切です。

できれば、2社は登録して、より自分に合っているエージェントとお付き合いしていきましょう。

 

業界No.1!非公開求人も多数のリクルートエージェント。

キャリアアドバイザーの方が熱心で、応募者想いの方が多いです。

⇒リクルートエージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

希望に合った求人を見つける力に長けているDODA。

キャリアアドバイザーのサポートが手厚いです!

⇒DODAエージェントサービスの登録はこちら(公式サイト)

 

また、転職エージェントではありませんが…

転職者に必須の求人サイトも合わせて登録しておくと、今の転職事情の動向がわかります。

とりあえず、業界最大手のリクナビNEXTを登録しておけばOKです。

⇒リクナビNEXTの登録はこちら(公式サイト)

 

まとめ

人事が不採用にしたくなる面接の回答についてまとめました。

会社との相性を見極めるための、大切な面接。

転職者の良いところを存分にアピールできるように、事前準備をして挑んでくださいね♪

 


 

この記事をSNSでシェア!