【育児】ストライダーから自転車へ!一発で補助輪なしに成功した秘訣・おすすめの自転車は?

娘が一発で補助輪なし自転車に乗ることができて、驚きを隠せない、いちこです。

いちこ
補助を外すときに、半泣きをしながら練習する時代じゃないのか!(驚愕!!!)

しかし、ストライダーでバランス感覚を磨きまくっていた娘は違います。

ストライダー(ヘンシンバイクなどのキックバイク全般含む)から、補助輪なし自転車にいきなり挑戦して、一発で乗りこなすことができたのです。

 

「え?補助輪なし自転車ってこんなに簡単に乗れるの?」

と、夫婦で驚きを隠せませんでした。

そこで本記事では、子供が補助輪なし自転車デビューした経緯を振り返ってみたいと思います。

(今、4-5歳で補助輪自転車や三輪車を使われている方へのメッセージも最後にまとめていますよ!)

ストライダーから自転車へ:ストライダーの経験

はじめに、子供がストライダー(キックバイク)に乗り始めた時期や選んだ理由をご紹介します!

 

ちなみにストライダーとは、ペダルのない子供用自転車のこと。

キックバイクとも言われているようです。

 

軽くて、持ち運びもしやすいので、大きなカバン(IKEAの袋など)に入れて近くの公園まで運んだり、電動自転車に乗せたりもできます。

 

他にも類似品はありますが、本体の重さなどを鑑みると、ストライダーの操作性が最も優れているようです。

 

ストライダーを購入した年齢は?

 

ストライダーは、子供が3歳のクリスマスプレゼントにサンタさんが届けてくれたものでした。

当初は、まったく興味がわかず、練習もそれほどしていません。

ただ、3歳後半~4歳になったあたりから、まわりの子供達がストライダーを乗り回す姿を目の当たりにして「自分も乗りたい!」と火が付いたようです。

晴れている日には、公園でストライダーの練習をしていました。

最初は足元を見てしまったり、近くを見てしまったりして、バランスを崩していました。

しかし、「進みたい方向を見て、足でけり上げる」ことを覚えてからは、とってもスムーズ!

4歳半になった時には、ストライダーをスイスイ乗りこなすようになりました。

本来であれば、この段階で補助輪なし自転車に切り替えてもよかったのですが、誕生日までガマンガマン…

ストライダーを選んだ理由は?

冒頭でも触れていますが、ストライダーを選んだ理由は「軽さ」と「操作性の高さ」です。

途中でペダルを取り付けるタイプの類似品などもありますが、我が家が買ったストライダーやペダルの取り付けができないタイプです。

だからこそ、軽くて子供も乗りこなしやすかったのだと思います。

(友達のヘンシンするバイクは重くて、持つのに苦労していました)

最初にストライダーを選んだからこそ、バランス感覚はもちろん、スイスイ乗れるという成功体験を身に着けたことがとてもよかったと感じています。

ちなみに「スポーツタイプ」と「クラシック」がありますが、サドルの乗り心地などを考えると、スポーツタイプがおすすめです。

【クリスマスキャンペーン対象商品】STRIDER :スポーツモデル《イエロー》ストライダー正規品 ランニングバイク ストライダージャパン公式ショップ 安心2年保証 送料無料 ペダルなし自転車 クリスマスプレゼント 子供 男の子 女の子 おもちゃ 1歳 2歳 3歳 4歳

価格:14,850円
(2019/11/23 16:39時点)
感想(431件)

 

ストライダーから自転車へ:補助輪なし自転車へ乗り換え

続いて、ストライダーから補助輪なし自転車に乗り換えた年齢や、どんな自転車を選んだかをお届けします。

特に、自転車デビューをするにあたり、「どの自転車にするか?」は悩みに悩み抜きました!(決して安い買い物ではなかったですし…)

結果、本当に素晴らしい幼児用自転車を選べたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

補助輪なしを購入した年齢は?

補助輪なし自転車を購入した年齢は、5歳です。

「5歳の誕生日プレゼントは、自転車にしようね」とずっと約束していたのです。

まわりの子供達は、(補助輪ありを含めて)自転車デビューをし始めていたため、娘もとっても待ち遠しかったようです!

親としても、自転車は高い買い物なので何でもない日に買うのは抵抗があったので、良い約束ができてよかったです(笑)

おすすめの補助輪なし自転車は?

我が家が購入した補助輪なし自転車は、サイクルベースあさひのファストライドです。

ストライダー等のトレーニングバイクからの乗り換えに適している自転車であることが決め手でした。

 

アルミフレーム・アルミパーツを採用し軽量のため、幼児が操作するにはぴったり。

さらに、サドルの高さを低く設定できるため、14インチ幼児車と同じ身長95cmから乗車可能。

 

これだけ聞くと「じゃあ、早くから大きいサイズに切り替えなきゃいけなくなる、コスパが悪い自転車なんじゃないの?」

と思うかもしれません。

(実際、夫から提案されたとき、いちこはそう思いました…)

 

しかし、このファストライドは違いました。

なんと、一般的な14~18型(身長95〜120cm)自転車の車体寸法をいかに1台で実現させるかに着目した自転車のため、コストパフォーマンスも最高であることがわかったのです。

 

実際にお店に行って、またがってみると、身長100cmの娘もぴったり。

また、軽さがあるので、倒れたときに起こしたり、やマンション内で自分で押せたりする重さであることがわかりました。

いちこ
長く使えるし、操作性も良いし、ちょっと高くてもOK!

ということで、このファストライドを購入することになりましたよ。

[あさひ]ファストライドHUBS16-I 16インチ 長く乗れる子供用自転車 トレーニングバイクからの乗換えに最適

価格:24,981円
(2019/11/23 16:38時点)

 

ストライダーから自転車へ:3分で補助輪なしに成功した秘訣

最後に、補助輪なし自転車を一発で乗りこなした【秘訣】をレポート致します!

 

3分と書いていますが、正直3分もかかってないかもしれません。

本当に、一発!!!!

目を見張る、自転車デビューとなりましたよ。

【秘訣①】ストライダーの経験

やはり、ストライダーの経験なくしては、補助輪なし自転車の乗りこなしは成功しなかったと思います。

ストライダーでバランス感覚を養っていたからこそ、華麗な自転車デビューができました。

 

最初は、ストライダーに乗っていた時のように「トコトコトコ」と足で地面を蹴ってから、ペダルに足を乗せていました。

おそらく、完全にストライダーのような感覚で乗っていたのだと思います。

少し練習したら(ほんの15分くらい)、ペダルに足を乗せて、そこから漕ぎ出すということもマスターしました。

筆者が補助輪なし自転車を練習していた、数十年前にもストライダーがあれば…と何度も思いましたよ。

【秘訣②】乗りやすい大きさと重さの自転車

秘訣の2つめは、乗りやすい大きさと重さの自転車を選んだことだと感じています。

ストライダーからの乗り換えに適しているファストライドを選んで、本当によかったです!

あまり背伸びをせずに、子供の成長にあわせたものを選ぶ大切さを実感しましたよ。

【秘訣③】練習場所を選んだ

自転車デビューをするにあたり、地面が凸凹していない、タイヤが走りやすそうな公園を選びました。

といっても、近所の公園ですが、チャレンジしやすい環境を選んであげることも大切かもしれません。

すでに補助輪自転車や三輪車を持っている方はどうしたらいい?

 

ここまで読んでくださった方の中には、

「うちは補助輪付き自転車なんだけど、これから外すときにどうしたらいい?」

「三輪車しかなくて、ストライダーとかないんだけど…」

と不安に感じてしまっている方もいるかもしれません。

 

実際、保育園のお友達にも同じようなケースの方が何人かいます。

 

その方々の取っている方法は、2つ。

①ストライダーを卒業した子から、貰うor借りる

②ストライダーなどを買いなおす

 

です。

やはり、ストライダー(キックバイク)を通る道が大切なようです…

 

我が家のストライダーも友達に貸し出しました。

そして、ストライダーを経験した後、すぐに補助輪を外して乗りこなせるようになっていましたよ!

 

まとめ

我が家のケースでいうと、補助輪なし自転車のデビューには、ストライダー(キックバイク)の存在が必要不可欠であると感じています。

※運動神経の良い子や、補助輪外しを頑張れる粘り強い子はなくてももちろん大丈夫だと思います!

筆者自身が、(何十年も前ですが)補助輪を外す際に苦労を経験した経験があるからこそ!

子供の自転車デビューに驚きを隠せませんでしたよ!笑

ぜひ、驚きの補助輪なし自転車デビューを目の当たりにしてみてくださいね。