【レビュー】電動鼻水吸引器のおもいやりは吸引力抜群!赤ちゃんから約5年ヘビロテ!

電動鼻水吸引器「おもいやり」についてのレビューです。

保育園に通っているため、風邪をひきやすい我が子。

耳鼻科に鼻水だけ吸いに行くのも大変なので、思い切って吸引力が高い、据え置き型の電動鼻水吸引器を約5年前に購入しました。

医療用機器を販売しているメーカーだからこその、安定の吸引力!

お手入れもラクで、耐久も良い、最高の電動鼻水吸引器でしたよ♪

メルシーポット・ベビースマイルとの比較も記載しています。

電動鼻水吸引器を探している方は、要チェックです!

※画像は公式サイトよりお借りしています

電動鼻水吸引器を購入したきっかけ

最初は、ママの口で吸い上げるタイプの「鼻水吸引器」を使っていました。

しかし、直接ウィルスを吸い込んでしまうため、自分が風邪をひいてしまうことに嫌気がさしたのです。

据え置き型・手動と色々検討しましたが、吸引力の高い「据え置き型鼻水吸引器」を選択しました。

電動鼻水吸引器を持っていることで、

・耳鼻科に行く回数が減る

・こまめに吸引できるので、中耳炎になりにくい

・自宅でしっかり吸引できる安心感がある

とメリットだらけですよ♪

電動鼻水吸引器おもいやり購入理由

電動鼻水吸引器「おもいやり」を購入した理由を解説します。

※筆者は、旧タイプのものを使用しています

吸引力が高い

メルシーポットとの比較もしましたが、おもいやりの方が吸引力が高いとママ友に聞いたため、おもいやりにしました。

確かに、「FULL」というモーター回転数をMAXするボタンを押すと、強力に吸引してくれます。

ねばねばの鼻水も、しっかり取れましたよ!

お手入れがしっかりできる上、簡単

近所には、メルシーポットを購入しているお友達がいました。

そのお手入れと比較すると、おもいやりの方がしっかり分解が可能!

なおかつ、簡単にできるという点が気に入りました。

コードリールがある

ACアダプタを使わず、コードが巻き取り可能です。

掃除機のように、コードをしまえるので、リビングや寝室などへの持ち運びも楽ちんですよ。

「静音」モードがある

据え置き型の電動鼻水吸引器は、音が大きいものが多いです。

おもいやりに関しては、「SAVEモード」という静かな音になるモードが選べることが特徴です。

吸引器メーカーの製品

電動鼻水吸引器おもいやりは、 ブルークロス株式会社の製品です。

ブルークロス社は、 医療機器 (蘇生器 ・ 吸引器 ・ 酸素吸入器 ・ ネブライザー ・
救急医療セット)の製造販売をしている会社です。

中でも、吸引器で優れた商品が多いと、医療関係の友人に聞いていました。

そのため鼻水吸引の製品として、信頼できると思い、決断しました!

楽天や持っているママ友口コミ

筆者は、購入する前に「これでもか!」というくらい、念入りに調べます。

おもいやりを購入するにあたり、楽天の口コミも隅から隅まで読みました。

(Amazonにはあまり口コミがありませんでした)

もちろん比較対象である、メルシーポット・スマイルキュートも同様に読んでいまs。

・価格で選ぶなら、メルシーポット

・製品の質と吸引力で選ぶなら、おもいやり

ということわかり、おもいやりを選択しました。

【日本製】電動鼻水吸引器 おもいやり BM-500NS特典:透明シリコンオリーブ管みえーる2個【管理】【国産】【MADE IN JAPAN】

価格:25,800円
(2020/4/14 18:26時点)
感想(2433件)

メルシーポットとの比較

メルシーポットは、おもいやりに比べて、安価なところがメリットです。

おもいやりより、約1万程度は安いです。

ただし、筆者のママ友や、楽天の口コミ情報によると

「おもいやりの方が吸引力が高い!」とのこと。

もちろん筆者も、いろいろ比較しました。

結果「おもいやり」の方がより耳鼻科の鼻水吸引に近いことがわかり、メルシーポットを選びませんでした。

※画像は公式サイトからお借りしています

created by Rinker
ベビースマイル
¥10,980 (2020/10/25 14:01:41時点 Amazon調べ-詳細)

ベビースマイルとの比較

ベビースマイルは、電池式の電動鼻水吸引器です。

持ち運びができるので便利ですが、吸引力が弱いのが難点です。

「とにかくしっかり鼻水を吸引したい」

という目的があったため、ベビースマイルは選びませんでした。

※画像は公式サイトからお借りしています

created by Rinker
ベビースマイル
¥3,848 (2020/10/25 14:01:42時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻水吸引器おもいやりのQ&A

最後に、おもいやりを購入する前に気になる項目について、まとめています。

固まった鼻水も吸引できる?

黄色く固まりかけた鼻水も、ズズズズっと吸引することが可能です。

特に固まっていて取りにくい場合は…

一度、モーターの回転数を「FULL」にした上で、吸い上げホースをつまみます。

そして、ホースをつまんでいた指を離すと、吸引力が増しますよ!

圧を高めて一気に吸引するイメージでやってみてください。

赤ちゃんも使える?

電動鼻水吸引器のおもいやりは、赤ちゃんから使うことができます。

赤ちゃんは免疫力があると言われていますが…

我が家の第二子は、生後1か月から風邪をひいて、鼻水ずびずび。

赤ちゃんでも、安心して使える「おもいやり」があって助かりました。

インフルエンザが流行っている季節などは、耳鼻科に連れて行くのも怖い…

だからこそ、自宅でしっかり鼻水を吸引できて安心します。

お手入れは本当に簡単?

おもやりのお手入れは、簡単です!

器械の組み立てが苦手な筆者も、簡単に外して、戻すことができます。

ミルトンを使って消毒が可能なので…

哺乳瓶などの消毒が終わりかけたミルトン液(22時間くらい使ったもの)を使って消毒しています。

ミルトン1錠を使わずに、節約しながら消毒できます。

※ミルトン液は、約24時間使用可能。

消毒自体は、1時間漬ければOKなので、上記のようにしています。

鼻はいつからかめるようになる?

子供は、3 歳後半くらいから鼻をかむ練習をはじめます。

ただ、本格的にかめるようになるのは、小学校入学前後(6歳頃)と思われます。

5歳になると、片側ずつ抑えながら、かむようにはなりますが…

それでも、鼻をかんだ後に、おもいやりで吸引すると、たくさん鼻水が出てきます。

0歳から6歳くらいまでは、鼻水吸引器に非常に助けられますよ!

故障はしない?

筆者は、約5年前におもいやりを購入しました。

それから、ヘビロテしていますが、一度も故障したことはありません。

ただし、ゴムの部分(補助筒部)が劣化してきたので、交換のゴムを注文中です。

交換のゴムは、約700円くらいでしたよ。

吸引ノズルは何がいい?

シリコンロングノズルなど、ガラス管など、いろいろな吸引ノズルが別売りであります。

筆者も色々別売りで購入しましたが…

最初から付属でついているもの(みえーる小)で、充分だと感じています。

生後0か月の赤ちゃんでも大丈夫でした!

まずは、そのまま使ってみてくださいね。

商品詳細は?

最新のエマジン小型吸引器「おもいやり」BM505Sの商品詳細です。

黒字部分は、公式サイトより引用しています。

商品コード 1310320
品番 BM-500S
最大吸引圧 -80kPa(しっかり吸引してくれる!)
排気流量 16L/min
吸引瓶容量 500mL(ポリカーボネイト製)
電源 AC100V 50/60Hz(電源がリール式で収納できるのが嬉しい!)
消費電力 30VA
ポンプ形式 ダイヤフラム式シングルポンプ
モーター ブラシレスDCモーター (音がしないモードがあるのも便利!)
寸法 W325×D101×H212mm
質量 2kg (軽いです!!!!)
付属品 吸引ボトル一式、
カテーテル差し(これが清潔を保ててありがたい!)、吸引チューブ( 1.5m)
標準価格 ¥31,500(楽天なら、税込25,800円!)

まとめ

電動鼻水吸引器おもいやりは、子供の鼻水とママの悩みをスッキリ解消してくれます。

少し値段は張りますが、吸引力は段違い!

耳鼻科のように、ズズズズズズっと鼻水を吸引してくれますよ。

風邪をひきやすい、保育園児には買って大正解な品物でしたよ!

【日本製】電動鼻水吸引器 おもいやり BM-500NS特典:透明シリコンオリーブ管みえーる2個【管理】【国産】【MADE IN JAPAN】

価格:25,800円
(2020/4/14 18:26時点)
感想(2433件)

created by Rinker
ブルークロス
¥23,980 (2020/10/24 20:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

この記事をSNSでシェア!