【体験談】ワーママが在宅ワークになるためには?リモートOKの働き方解説

ワーママでフルタイム勤務経験者のいちこです。

フルタイム共働きで働いていると「通勤のない在宅ワーク」に魅力を感じることがあるのではないでしょうか?

勤務全てが「在宅」ではなくても、場合によってリモートに切り替えられる仕事は魅力です。

在宅で仕事をすることが可能であれば、子供の体調不良の際にも、会社を休まずに看病をすることができます。

小学生になって学童に入れなかった場合も、習い事のない日は、家で子供の帰りを迎えることも可能です。

「小1の壁」の心配も、少なくなります。

筆者が実際に体験した「在宅ワーク」について、メリットやデメリットも含めてブログにまとめてみました。

気になる保育園事情も解説していますよ♪

筆者は転職をして、働き方を変えてから、心から幸せになりました。

子育てと仕事の悩みを抱えている、多くのワーママさんの「働き方」を考えるきっかけが作れると幸いです。

ワーママが在宅ワークに切り替えたい理由

筆者の経験から、ワーママが在宅ワークに切り替えたい理由について解説します。

いちこ
まずは、筆者のプロフィール紹介をさせてください

筆者・いちこのプロフィール
▶上場企業で、商品開発などに携わる
▶育児との両立が難しく、転職
▶転職後は、採用担当に従事

新卒から勤めていた企業は、「働きたい会社」にも選ばれるほど超優良企業でした。

しかし…実際にいた部署は、深夜まで残業もあたりまえ!

子育て中であっても、時間に帰れない日が続いていました。
仕事を持ち帰り、子供と寝落ちした後、朝方2:00から仕事をすることも。

仕事は大好きで充実していましたが、起きている子供の顔を見られない日も続いていたので転職を決意したのです。

転職後は、保育園のお迎えにも(ファミサポを頼らず)自分で行けるようになり、大満足★

仕事は、(全てではありませんが)在宅でもOKとなっていて子育てと仕事の両立もうまくいっています。

本記事では、
▶自身の「ワーママ転職体験」
▶現職の「採用担当者としての視点」
を活かして、転職に悩むワーママさんに参考になる記事をお届けしたいと思っています。

もう少し補足すると…

以前は、筆者以外のワーママも“終電を逃してタクシー帰り”もザラな環境でした。

会社自体は「働きたい企業」にも選ばれる、超クリーンな東証一部上場企業です。

しかし、所属していた部署が会社の中核を担うところであったため、なかなかハードな状況が続いていたのです。

仕事内容は社会に影響を与えることもあり、充実していましたが、身体は正直。

「子供の顔が見たい…」と考えすぎて、全身に謎の湿疹ができることもありました(笑)

そして、あまりにもママ(筆者)が忙しいと、パパへの負担も激しくなり、家庭内も不穏な雰囲気がいつも漂ってしまいます。

異動も希望していましたが、なかなか部署から離してもらうことができませんでした。

いちこ
頑張るママの姿は見せたいけれど、家庭もギスギスするし、このままでは子供が成長した時にも悪影響かもしれない。。。

さんざん葛藤した後、ワーママの転職を実行したのです。

今は、ワーママでの転職を乗り越えて、在宅ワークOKな会社で勤めています。

仕事も充実している上、平日でも子供のおけいこや遊びの時間が作れるようになり、本当に心が軽くなりました。

転職をするにあたり、色々な働き方を選ぶことができると思います。

本記事の中では、特に「在宅ワーク」にスポットライトを当てて、解説をしていきますね。

ワーママが在宅ワークをするデメリット

「在宅ワーク」について深堀するため、メリットとデメリットについて解説します。

まずは、筆者が感じるデメリットから見ていきましょう。

◆正社員ではなくなる可能性がある

コロナウィルスの影響で、在宅ワーク可が進んでいます。

そのため、大企業であっても、在宅ワークができる環境がかなり整ってきました。

ただし、「完全在宅ワーク」となると、もしかすると正社員でなくなる可能性があります。

正社員へのこだわりがなければ

・旦那さんの扶養に入ってゆったり働く
・正社員時代の何倍もがっつり稼ぐ

などの選択肢もあります!

でも、正社員でこだわりたい方が多いかもしれません。

正社員にこだわる方への説明も後述していますよ♪

◆オンオフの切り替えが難しい

ワーママが在宅ワークになると、オンオフの切り替えが難しいことがあります。

特に、子供が寝ている時間です。

筆者も、早朝や深夜など、隙があればPCに向かってしまうことがあるので、自戒を込めて書きました。

頑張りすぎてしまう方は要注意です☆

ワーママが在宅ワークをするメリット

続いて、ワーママが在宅ワークをするメリットです。

今まで、会社に勤めに行っていたママからすると、週に数日でも在宅で仕事ができることに劇的な感動があるのではないでしょうか?

 

いちこ
筆者は、震えるくらい嬉しかったです(笑)

多数あるメリットの中から、3点解説します。

◆子供と過ごす時間が増える

日々、会社勤めをしているワーママだと、時間に追われている方が多いのではないでしょうか?

在宅ワークの日は、断然子供と過ごす時間が増えています。

通勤時間がないというのは、これほどまでに時間が捻出できるのだと思い知りました。

 

例えば…

・習い事への送迎
・ディズニー英語やくもんの宿題などの日々の学習
・トランプや工作などで一緒に遊ぶ

など、週5で会社に勤務していた時には、時間が取れませんでした。

むしろ、食事やお風呂・寝かしつけも、母・ファミサポさん・夫任せのことも多く、「子供が生きるのに、最低限できていればOK」というレベルでした。

それが今は

・自分でお迎えが100%できる
(会社に行く日も残業がない会社に転職できました!)

・具合が悪い時も、すぐに休ませることができる
(以前は、仕事のために無理やり行かせることもありました)

・平日の習い事に行ける
(以前だったら、帰りも遅すぎて、絶対諦めていました)

・穏やかな気持ちで子供と遊べる
(仕事のことをそこまで気にしなくていい)

など、子供との時間を充実させることができています。

子供と一緒になりすぎると大変なこともありますが、親とべったりの時期も数年で終わってしまいます。

だからこそ、キャリアを諦めず仕事をしながらも、子供と過ごせる環境が、とてもありがたく感じています。

◆人間関係の煩わしさがない

仕事をしていると、職場の方との人間関係に苦労することがあります。

筆者も、以前は(基本的には楽しく仲良く働いていましたが)少なからずありました。

在宅ワークでも、仕事内容によっては、会社の方や取引先などとの関わりがあります。

ただ、四六時中一緒にいるわけではないので、嫌な気持ちになることが少ないです。

筆者に限っては、周りの方に恵まれているのか、本当に嫌なことがありません!

対面しないという前提もあるので、(取引先含めて)節度を持って接している方が多い印象ですよ。

◆スキルがつき自信がつく

在宅ワークをしていると、自分のスキルがどんどん高まっていきます。

会社で働いていると、ついでに色々任される仕事や会議も多かったように感じます。

しかし、在宅ではスキルに特化した内容をとことん突き詰める時間が多いです。

雑談が大半の、無駄に長い会議もありません。

スキルが上がると、

仕事も増える=収入も増える

という好循環も生まれましたよ♪

ワーママが在宅ワークになった際の保育園事情

保育園に通っている方は

「在園児は、そのまま保育園にいられるの?」
「子供は保育園に入園できる?」

と、心配になる方もいると思います。

在園児・新規入園申し込み、それぞれのケースを解説します。

※保育園事情に関しては、筆者が住んでいる地域での体験談です。
現在お住まいの役所にもご確認くださいね。

◆在園児の場合

在園児の場合は、就労証明書の変更手続きが必要です。

在宅ワークで、正社員・パート・個人事業主(自営業)など、いずれの場合も、問題なく、保育園に在籍できます。

会社の担当業務の方に、就業証明書の記入をお願いしましょう。

個人事業主になり、業務委託に切り替える場合などは、就労証明書も(会社ではなく)自身で記入することになりますよ。

◆新規入園申し込みの場合

在宅ワークで、新規に保育園入園の場合は、お住まいの地域によって対応が変わる場合があります。

筆者の場合は、0歳児を4月入園で申し込み、入園が決定しました。

もし、100%在宅ワークであっても

「週40時間働いていたら、フルタイムの方と同じ点数になる」

と、役所の方が教えてくださいました。

いちこ
保育園には連絡帳に「今日は、在宅勤務しています」などと書いて、居場所を伝えています

ワーママが在宅ワークに切り替える方法

続いて、ワーママが在宅ワークに切り替える方法をご紹介します。

大きく、下記3パターンの方法があります。

①現在働いている会社で、在宅ワークをする
②クラウドソーシングで、在宅の仕事を引き受ける
③在宅ワーク可の会社に転職する

それぞれの特徴を見ていきましょう!

①現在働いている会社で、在宅ワークをする

おすすめ度 ★

1つめは、“現在働いている会社で、在宅ワークをする”です。

「これができるなら、悩みません!」

という怒りの声が聞こえてきそうですが…

コロナウィルスの影響で、会社のリモートワーク化が進んでいます。

ただし、この場合は大きく現状を変えられない場合がが多いので、現実的ではないかもしれませんね。

筆者も、前職は在宅勤務も一部認める会社にいましたが、全く利用できませんでした(笑)

②クラウドソーシングで、在宅の仕事を引き受ける

おすすめ度 ★★

100%在宅勤務を希望する方向けの方法です。

自分自身が個人事業主になって、「クラウドソーシングで、在宅の仕事を引き受ける」ことで、100%在宅で仕事ができます。

個人事業主になれば、責任も伴いますが、自由な裁量で仕事が可能です。

イチから自分で事業を立ち上げるのは大変ですが、クラウドソーシングなどで得意な範囲の仕事を請け負うと、スタートのハードルが下がりますよ◎

固定報酬や時間単価制など、様々な働き方もあるので、便利です!

おすすめのサイトは、次章で触れています。

副業から実力をつける方法も!

「今すぐの転職には勇気がでない」という方は、副業をしながら、虎視眈々と在宅ワークの機会を狙っておくと良いでしょう。

自身の得意とする範囲のスキルを伸ばしておくのです。

デザイナーやエンジニア、翻訳家等のわかりやすいスキルがある方はもちろん
ビジネス系
の方も、チャンスはあります。

・データ分析
・ライティング
・データ入力
・資料作成

など、少しでも「得意だな」と思うことを仕事として請け負って、経験を積んでおきます。

最初は、収入にならないくらいの単価からスタートになるかもしれません。

ただ、良い会社と出会えれば、精度の高いマニュアルを共有してくれます。

そこで力をつけて、良い評価を溜めておくことで、いざという時の武器になります。

そこで、100%クラウドソーシングで働きたい方にも、副業で初めて見たい方にもおすすめなのが「アナザーワークス」です。

登録も利用も無料で、簡単に仕事を見つけられるため、今人気急上昇中!

メリットは他にもあります。

扱う職種は、全職種!

営業もマーケターもライターも広報も、みんなOKです。

いちこ
営業などのビジネス系で、副業を募集している会社は珍しい!
気になる方は、ぜひ公式サイトから登録してみてください♪
今すぐに転職を考えていなくても、見ておくだけで世界が広がりますよ。

⇒アナザーワークスの登録はこちら(公式サイト)

③在宅ワーク可の会社に転職する

おすすめ度 ★★★★★

最もおすすめの方法は、“在宅ワーク可の会社に転職する”です。

現在は、大手でも在宅ワーク前提の求人も多くあります。

ただし、「本当にその会社が在宅ワークをOKとしているか」を見極める必要があります。

求人票に「在宅勤務制度あり」と記載があっても、実際に社員が活用しているかが不透明なためです。

いちこ
前職は「在宅勤務制度」がありましたが、実際に活用している方はいなかったです…

そのためには、希望する会社に詳しい方や、働き方について精通している方の意見をしっかり聞くことが大切!

では、どうやって情報を仕入れたら良いか??

現在、採用担当をしている筆者のおすすめは

転職エージェントに登録する

ということです。

なぜかというと、転職エージェントのアドバイザーさんは、会社の情報に精通しています。

筆者も、転職エージェントのアドバイザーさんも打ち合わせをよくしています。

そうすると

「残業している方ってどのくらいいますか?」

「時短勤務をしている方っていますか?」

「在宅勤務制度は活用されていますか?」

などと、どんどん聞いてくださいます。

その情報を、登録している求職者の方に、包み隠さず伝えているそうです。

転職エージェントを使っている方は、会社と求職者のミスマッチが少ないです。

手っ取り早く良い情報を仕入れるためにも、転職エージェントを活用することを推奨します♪

たくさんある転職エージェントの中でも、人気ナンバーワンは、リクルートエージェントです。

どのエージェントよりも求人が多く、担当の方が熱心&丁寧で定評があります。

筆者も、採用担当者としてリクルートエージェントの方と話す機会がありますが、どの担当の方も、求職者想いであると感じます。

・業界最大手

・知名度&求人数の多さナンバーワン

なので、まずは「リクルートエージェント」は押さえておきましょう!

⇒リクルートエージェントの登録はこちら(公式サイト)

すでに気になる会社がある方は、働いていた方の口コミが見られる、転職会議を見ておくと、ミスマッチがなくなります。

年収や働き方など、元々働いていた人たちの口コミが書かれているため「本当はどうなのか?」という内情を知ることができますよ!

⇒転職会議の登録はこちら(公式サイト)

まとめ

ワーママが在宅ワークに切り替える方法や、メリット・デメリットについてまとめました。

ワーママとして、フルタイムや時短勤務で働いていると、仕事と育児の両立に心が折れてしまいそうな時もあります。

(記事内でも触れていますが)筆者は仕事があまりにもハード過ぎたために、仕事への比重が大きくなりすぎて、家庭が崩壊しかけてしまいました。

今は、家で仕事をすることもOKの仕事をしているため、家庭もうまくまわり、心が軽くなりました♪

ぜひ、ワーママで在宅ワークをしたいと考えている方への参考になりますと、嬉しいです。

この記事をSNSでシェア!