【体験談】ワーママ転職で後悔?上場企業を辞めた本音と成功の秘訣

東証一部上場企業から転職をしたワーママの体験談をブログにまとめました。

日本で生活していたら誰もが知る会社の正社員として勤めていましたが、育児との両立をきっかけに転職。

「ワーママの転職に後悔はなかったのか?」筆者の本音をギュッとお届けします。

後悔しないための秘訣や、転職が成功するためのヒントもありますよ。

ワーママ転職で後悔しないためにも、ぜひチェックしてくださいね。

ワーママ転職で後悔している?

はじめにワーママの転職で、後悔ているか?本音を公開します。

いちこ
まずは、筆者のプロフィール紹介をさせてください

筆者・いちこのプロフィール
▶上場企業で、商品開発などに携わる
▶育児との両立が難しく、転職
▶転職後は、採用担当に従事

新卒から勤めていた企業は、「働きたい会社」にも選ばれるほど超優良企業でした。
しかし…実際にいた部署は、深夜まで残業もあたりまえ!
子育て中であっても、時間に帰れない日が続いていました。
仕事を持ち帰り、子供と寝落ちした後、朝方2:00から仕事をすることも。
仕事は大好きで充実していましたが、起きている子供の顔を見れない日も続いていたので転職を決意したのです。

転職後は、保育園のお迎えにも(ファミサポを頼らず)自分で行けるようになり、大満足★
本記事では、
▶自身の「ワーママ転職体験」
▶現職の「採用担当者としての視点」
を活かして、転職に悩むワーママさんに参考になる記事をお届けしたいと思っています。

冒頭でも申し上げた通り、筆者は東証一部上場企業の正社員として働いていました。

日本も世界でも、有名な企業です。

正直、給与もボーナスも充分なくらい頂いていました。

それでも「このままじゃ、笑って育児ができない」と想い、転職を決意したのです。

正直、ワーママ転職をしてみて、後悔はありません。

今までよりも若干ですが、給与は下がりました。

自分で言うのもなんですが、世界でも有名な一流会社の正社員で働いていたので、その会社よりかはラウンクダウンした会社になりました。

それでも、後悔はしていません。

毎日、笑って楽しく育児ができています。

そして、筆者がニコニコしているので、夫とも関係は良好◎

今までの会社で身に着けたスキルも生かしつつ、新しい会社ではさらに新しいスキルも手に入れました。

そのため、自分自身に自信がついています。

では、一体「ワーママの転職で後悔しないため」にはどうしたらよいのでしょうか?

次章で、詳しくお伝えします!

ワーママ転職で後悔しないための秘訣

筆者が体験した、後悔をしないための秘訣をご紹介します。

①優先順位を決める

ワーママ転職で後悔をしないための秘訣①は、

優先順位を決める

ことです。

正直、何かを得たら、何かを失うことは覚悟しなければなりません。

例えば、

・残業があっても、有名企業で給与をたくさんもらいたい

・給与が減っても、定時に帰宅できる会社に行きたい

・業務内容よりも、とにかく近いところがいい

など、若干のガマンが必要になってくることがあります。

いちこ
筆者の場合は「定時帰宅をして、子供と過ごす時間を多くしたい」を第一優先に転職活動をしました
2番目に、「将来的に自分のスキルになるような仕事」を掲げていましたよ。
実際に、ワーママが転職するにあたっての優先順位を5番目くらいまで書き出してみましょう!

②自分の価値をハッキリさせる

優先事項が決まったら、その条件を実現させるために
自分の価値
を再度、考えてみることが大切です。
これは、元ワーママ転職者としての意見に加えて、現在採用担当者として働いている筆者としてお伝えしたい内容です。
いちこ
自分がやりたいことだけでなく「あなたの会社でこんなことができる価値がありますよ!」というアピールポイントを明確にします♪
自分の価値(強み)をハッキリさせることで、どんなパフォーマンスが発揮できるか伝えやすくなります。
・今までの仕事で得たスキル
はもちろん、ワーママの特徴である
・限られた時間の中で、高いパフォーマンスが出せる
という視点も忘れずにしてくださいね。
また、目に見えるような資格やスキル、実績がない方でも
・円滑に会議を進行するためのファシリテーション能力
・複数の仕事をミスなく遂行できる柔軟性
などの強みも、ワーママ転職の立派なアピールポイントになります。
そうすることで、一方的な要望を伝えるだけでなくなります。

③転職希望の会社の実態を知る

せっかく転職をしても、転職後の会社も今までと同様の環境であれば意味がありません。
だからこそ、転職希望の会社の実態を知ることがポイントになります。
面接の予定が決まっている方は、面接で聞いてみてもよいかもしれません。
でも、できたら面接の前に「この会社はどうしたらよいか?」わかるといいですよね。
「転職会議」などで、働いている方の口コミなどを見てみるのも手です。
自分の知りたい情報をピンポイントで聞くのであれば、転職エージェントのアドバイザーに聞くのも良いですよ。
筆者も採用担当者として、転職エージェントのアドバイザーと打ち合わせをすることがあります。
「子育て中の方は、どのくらいの割合でいますか?」
「定時に帰れてますか?」
「土日出社ありますか?」
「フレックスは使いやすい環境ですか?」
などとグイグイ熱心に聞いてくれる、アドバイザーさんも多いです。
自社の転職エージェントに登録されている方に、情報提供しているとのこと。
筆者がワーママ転職を検討していた際も、転職エージェントの方のアドバイスが参考になりました。
転職エージェントの応募は無料です。
また、その担当の方(アドバイザー)との相性が大切になってくるので、何社か登録しておいて損はありません。
その中からベストな相性の方を選んで、転職を進めていくも良し!
情報を頂いて、自分自身で会社を見つけて応募するのも良し!です。
せっかくなら、最初に決めた「譲れない優先事項上位」をクリアできる会社に転職したいですよね♪
デメリットとしては、登録をした後には連絡が届くようになる…くらいです。
連絡不要であれば
「こちらから連絡するまでは電話しないでください」
などと、伝えてもOKです。
いちこ
無料ですし、使えるものは、どんどん使っていくことをおすすめします

たくさんある転職エージェントの中でも、最初に登録しておくべきなのが、リクルートエージェントです。

担当の方の丁寧な応対や、リクルートエージェントでしか見られない非公開求人が魅力です。

筆者も、採用担当者としてリクルートエージェントの方と話す機会がありますが、どの担当の方も、求職者想いであると感じます。

・業界最大手!

・知名度&求人数の多さNo.1!

まずは「リクルートエージェント」は押さえておきましょう!

いちこ
リクルートエージェントを使った体験談も参照してください
もう一社、登録必須の超優良エージェントがdodaです。
dodaは、転職を二人三脚で進めてくれる
「キャリアアドバイザー」の熱意と愛情がピカイチ☆
「え?こんな情報まで提供してくれるの?」
という内容も、惜しみなく教えてくれます。
もちろん、非公開求人もあり、多くの求人を持っています。

情報をもらうだけでも、登録する価値があります。

 

もしも、「どうしても転職エージェントは抵抗がある」という方は、

転職求人サイト

を活用してみてください。

現在、中途採用を行っている求人を見ることができます。

 

まずは、業界最大手のリクナビNEXTからスタートしてみてくださいね♪

⇒リクナビNEXTの登録はこちら(公式サイト)

まとめ

ワーママ転職経験者としての本音をお届けしました。
筆者は、一流企業(自分で言うのもなんですが)からの転職になりましたが、一切の後悔がありません。
ワーママ転職で後悔しないためには、事前準備が大切になります。
後悔しないための秘訣をクリアして、さらに素敵な生活を送ってくださいね。

この記事をSNSでシェア!