【子持ち転職経験・現人事】ワーママの転職で採用したくなる人の条件をまとめました

ワーママの転職で気になる「採用される人」に関して、採用担当者(人事)の視点でまとめています。

子持ちで転職となると、少しハードルが高くなると考えている方も多いのではないでしょうか?

筆者自身もママになってから転職を経験しています。

実際に筆者が子持ちになってから経験した転職話や、採用担当者になってからのワーママについての想いなどを率直にブログに書きました。

ワーママの転職で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ワーママ転職のハードル

子供がいる状態で転職することに関して、正直にお伝えします。

転職市場において、ワーママのハードルは高いです。

いちこ
はじめに筆者のプロフィール紹介です

筆者・いちこのプロフィール
▶上場企業で、商品開発などに携わる
▶育児との両立が難しく、転職
▶転職後は、採用担当に従事

新卒から勤めていた企業は、「働きたい会社」にも選ばれるほど超優良企業でした。
しかし…実際にいた部署は、深夜まで残業もあたりまえ!
子育て中であっても、時間に帰れない日が続いていました。
仕事を持ち帰り、子供と寝落ちした後、朝方2:00から仕事をすることも。
仕事は大好きで充実していましたが、起きている子供の顔を見れない日も続いていたので転職を決意したのです。

転職後は、保育園のお迎えにも(ファミサポを頼らず)自分で行けるようになり、大満足★

本記事では、
▶自身の「ワーママ転職体験」
▶現職の「採用担当者としての視点」
を活かして、転職に悩むワーママさんに参考になる記事をお届けしたいと思っています。

では、なぜワーママの転職のハードルは高いのでしょうか?

口に出してしまうと、セクハラやパワハラになってしまうので、心の中に留めている人事が大半ですが

「すぐ辞めたりしないかな?」

「入社してすぐ妊娠とかあるのかな?」

などと気になっています。

どちらかというと、長期の休みや退職に対しての心配がメインです。

時短や、子供の体調不良での早退などはそこまで気にしていません。

せっかく採用したのに、すぐ離脱することの方が圧倒的に不安です。

つまり、転職するワーママの本気度を見せていくことが、採用されるポイントになってくるのです。

ワーママ転職で採用したい人

では、ワーママが転職する際に、採用担当者が「採用したい人」はどんな方が該当するでしょうか?

具体的なポイントを挙げて、解説します。

◆本気で働く意思がある

前章にも記載した通り「本気で働く意思がある方」は、ポイントが高いです。

特に、長期的に働けることは、かなり重要です。

元々、ワーママ達は、時間に限りがあるため

・作業効率が良い

という印象が強いです。

それは、筆者自身が感じているだけでなく、男性の上司なども口にしています。

他にも、

・まわりへの配慮がある

といった方が多いです。

自分以外の人間(子供)の面倒を見ているからこそ、会社でもまわりを見渡して仕事ができます。

ポテンシャルが高い方が多いので、「本気度を見せる」ことができるとより強いです。

履歴書等の自己アピールも効果的ですが、転職エージェントなどから応募があると「おっ!やる気ありそう」と伝わってきます。

採用担当者として、おすすめはビズリーチです。

ビズリーチの担当営業さんがしっかりしているので、採用担当者として信頼しているエージェントです。

ビズリーチから申し込むと、書類選考の通過率が高くなる可能性があるので、登録していて損はないと思います。

◆自己分析がしっかりできている

続いては、自己分析に関してです。

就職活動でも行った方が多いかもしれませんが、今一度

・どんなスキルがあるのか

・どんな経験をしてきたか

・特別な知識や強みがあるのか

・今までの成果は何なのか

など、自分自身を客観視して整理できている方が採用されやすいです。

また、これは採用担当者ではなく、元転職経験者としてのアドバイスになりますが…

自己分析がしっかりできておけば、応募する会社が自分に合うかどうかの見極めにも繋がります。

ただ「保育園のお迎えに間に合わないから、転職したい」だけではなく、仕事の内容や自身のキャリアを踏まえた上での企業選びが大切です!

そのためには、自己分析をしっかりしておきましょう。

ちなみに、職務経歴書を作り込んでいく際に、自身についての深堀ができることが多いです。

リクナビNEXTは、「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。

リクナビNEXTに関しては、ワードとエクセルへの出力ができるので使い勝手も◎ですよ。

時間が限られているママだからこそ、一度登録してみる価値はあると思います。

◆未来へのストーリーがある

抽象的な書き方になってしまいましたが

「未来へのストーリーがある」

方は、転職市場において、子供有り無しに関わらず魅力的です。

具体的には、転職への理由がポジティブであることを指します。

例えば、筆者の場合は

「子育てとの両立ができなから転職したい」

が本音でした。

でも、この本音だけでは、転職は成り立ちません。

仕事面でも、自身へのプラスになるよう、ポジティブなストーリーを作ってみましょう。

・現職の〇〇についての仕事は充実している

⇒〇〇についてもっと深めることで、社会にこんな貢献ができる

⇒〇〇については御社が先駆的で、より深い仕事ができそう

⇒〇〇の仕事で△△な成果を出すように、御社で頑張りたい

など、マイナス表現にならないように、仕事への熱意を持った「未来へのストーリー」を描いておくことがポイントです。

とにかく採用したくなります。

そして、この未来へのストーリーを描いた上で

・家から会社が近くなるから、時間的余裕ができて、子育ての両立ができる

とか

・残業する方の率が低いから、子育てとの両立ができそう

などと、自身の目的を達成するための条件を果たします。

ちなみに、「この会社は残業少ないかな」「女性の活躍する割合は?」など詳しいことも、転職エージェントの担当の方に聞けば教えてくれます。

筆者も、採用担当者として、転職エージェントの方とよく打ち合わせをしています。

その際に、社内について正直にお話しているので、きっと転職希望者に情報がいっているのだと思います(笑)

中でも、業界最大手&求人数ナンバー1のリクルートエージェントは登録しておく価値がある、転職エージェントです。

リクルートエージェントだけの非公開求人も多数あります。

まずは、転職サイトを見てみたいという方は、リクナビNEXTがおすすめです。
求人数が多いので、ワーママOKな会社も見つかります。
また、何と言っても
「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツール

があるので、転職をスタートする方にはぴったりです。

リクルートエージェントもリクナビNEXTも、用途が違うので、筆者はどちらも登録していましたよ!

まとめ

ワーママの転職について、

・ワーママでの転職経験者

・現採用担当者(人事)

上記2つの視点で、まとめました。

子持ちの転職であっても、「採用したい」と思えるような条件を満たしていれば、問題ありません。

ママがいきいきと働いていたり、にこにこ日常生活を送っていると、子供も喜んでくれます♪

ぜひ、ワーママ転職に成功して、よりよい生活を送ってくださいね。

 

 

この記事をSNSでシェア!