【体験談】子供が食べない!5年間の悩みをギャル曽根が解決してくれた

ずっと小食だった我が家の子供が、食べるようになったきっかけをご紹介します。

そのきっかけを作ってくれたのが、テレビに出演していた「ギャル曽根」さん。

小食の娘は、大食いタレントの「ギャル曽根」を見て開花したのです。

ただし、テレビを見ているだけではなく、親としての声かけもポイントになりました。

ギャル曽根さんのおかげで、食べなかった子供が食べるようになった経緯をまとめました!

「子供が食事を食べない!」と悩んでいるママ・パパは必見ですよ♪

小食の歴史

現在5歳の筆者の娘は、食べず嫌いが多いだけでなく、とにかく食事を口にしませんでした。

あまりの小食に、離乳食の頃から悩まされてきました。

保育園に行ってからも、毎日残すか、言葉が話せるようになってからは最初に減らしてもらっています。

お菓子やフルーツの大好きなものも残すことがあるので

いちこ
きっと胃が小さいのだから、しょうがない。諦めよう。
と思っていました。
楽しい食事の時間に、
「キィィィィィ!今日も食べない!怒」
となるのは嫌だったので、本当に食べきれるわずかな量をお皿に盛りつけて終了。
ごはんの形をミッキーにしたり、食べやすい大きさにカットしたり、工夫はたくさんしてきました。
しかし、なかなか成果に結びつかない…
子供が食べないことに関しては、本当に諦めの境地でした。
このまま脳に栄養がいかないのでは?なんて思って心配になることもありましたが(笑)
食べないもんは、食べないのだし、しょうがない!

ギャル曽根さんを見て変わった!

我が家は、基本的にテレビを見る時間が少ないです。
テレビをつけて何か観るなら、ディズニー英語の教材のDVD。
特に、平日夜はお風呂・食事・くもん・英語・ちょっと遊ぶなどやることが多くて…
その日はたまたま、大食いタレントのギャル曽根さんが活躍している『有吉ゼミ』を観たのです。
※毎週月曜日の19時から、日テレで放映されています
美味しそうに、きれいに、バクバク食べる、ギャル曽根さんに子供は釘づけ。
「このお姉さんすごいね~。いっぱい食べるね」
と5歳児ながら、目をキラキラさせながらつぶやいていました。
5歳児ながらに、ギャル曽根さんを憧れのまなざしで見ている!と感じた筆者も同調します。
いちこ
お姉さん(ギャル曽根)いっぱい食べてかっこいいね!美味しそうだね♡
とにかく、ギャル曽根さんの良い点を挙げていきました。
すると、子供も、どんどんハマっていき
「残さないで食べているね!」
「(食べ物を)かんでいるね!」
など、ギャル曽根さんの良いところを見つけて口に出すようになっていきました。
そして、いつのまにか
しっかり食べること=ギャル曽根
というワードが爆誕したのです。
例えば、初めての食材は今までほとんど口にしなかったのですが
子供
ママ、ギャル曽根しよっか?
と言って、食べるようになりました。
さらには、
子供
おかわりしたら、あのお姉さん(ギャル曽根)みたいかな~♡
と言って、白米をおかわりするようになったのです!
小食の我が家からすると、奇跡!!!!!!!!!!!!!!!

ギャル曽根さんの良いところ

大食いの方もいろいろいらっしゃいますが、ギャル曽根さんはまず食べ方がきれいです。
そして食べ物に感謝して、おいしそうに食べています。
だから親としても、安心して子供と一緒に観ることができます。
ただ多く食べるだけではないのが特徴です。
ギャル曽根さんの番組を観ることで、食育の面でも良い効果があると感じました!

まとめ

とにかく、子供が食べずに悩んでいた我が家にとっては、ギャル曽根さんが救世主!
本当に感謝しかありません。
もし「子供が食べない」と悩んでいるご家庭があったら、一度ギャル曽根さんの活躍する番組を観てみるのも良いかもしれません♪
この記事をSNSでシェア!