フリーランスで保育園!入園手続きと在園児の変更届に苦戦しました

フリーランスのワーキングマザー・イチコです。

今までは会社員として働いていましたが、2019年にフリーランスに転向をしました。フリーランスになるにあたり、最も悩んだ保育園問題に関して、筆者が行った対策や手続きをシェアします。すでに認可保育園に入れている在園児の変更届だけでなく、2020年4月に入園希望の第2子の手続き…。住んでいる地域によって違いはあるかもしれませんが、フリーランスママが保育園に子供を入れるには相当の苦労がありましたよ。

1.フリーランスに転向したきっかけ

イチコがフリーランスに転向したきっかけは

「家庭がバラバラになる!」という危機からでした。

もともとは、正社員として時短を取得しながら両立をしようとしていましたが、あまりにも仕事が忙しく、残業が続く日々。

時短で帰れる日がほぼなく、当時3歳の子供に会える時間も限られていて、筆者の母や夫に任せきりでした。

夫も、正社員としてバリバリ働いている中だったので、両立に限界を感じていたようです。

また、筆者としても「会社のネームバリューだけで働くのではなく、個人で働いたらどうなんだろう」という気持ちが芽生えてきていた時期でもありました。

こんなに会社に酷使されて、ぼろ雑巾のようになるのであれば、違う人生を歩んで、家族円満に過ごしたら幸せなのではないだろうか?と考えたのです。

2.フリーランスに転向した後

結果、正社員をやめて、個人事業主と働く決意をして今に至ります。

今は、ある企業様の業務委託としてお仕事を頂きつつ、個人での収益モデルを模索しながらフリーランスとして活動しています。

子供とも、穏やかな気持ちで向き合えるようになり、本当に満足しています。

(正社員の頃に較べたら、収入は減りましたが…)

3.ぶち当たるフリーランスの保育園問題

フリーランスになったのはいいですが、ぶち当たるのは保育園問題です。

「在宅で働いていると、減点!」

などの情報がネットにもまん延していたので、本当に心配でした。

ただ、筆者の住む地域では「個人事業主の代表として、週72時間以上の勤務があれば、会社員と同様の点数がつく」とのこと。

これ幸い!ということで、

・フリーランスとしての在園児の変更届

・2020年4月入園の入園申し込み

を出しに行くことにしました。

 

4.フリーランスの在園児変更届

ポイントになるのが、在園児の方の問題です。

会社員で申し込んでいたため、職場の方にお願いをして「離職票」と今後も業務委託でのお付き合いを約束していたため「業務委託の契約書」の発行をお願いしました。

職場との仲は円満ですが、このやりとりは手間取りました。

※さらに、申し込み時点では、フリーランスとしての収入証明が出せないため、1~2か月後には「収入証明(通帳などに業務委託先からお金が振り込まれていればOK)」が必要とのことです。

その他に、役所指定の変更届を書いて、在宅であることを証明しました。

保育園の先生にも事情をお話しし、通勤時間がなくなる分のお迎え時間の調整などをして頂きました。

また、途中で出産期間が入るため、その期間も注意が必要です。

産前:6週間

産後:8週間

休みが取れないので、その期間以外はしっかり働いた証明(収入証明)をしなければなりません。

働いていなければ、在園児は保育園退園になってしまいます。

フリーランスは産休がないのが、残念ですね…

(その分自由を獲得しましたが!)

1番の恐怖は、「4月までとはいえ、赤ちゃんを家で育てながら、仕事していたら(なんだ子供いても仕事できるじゃん!)と誤認されて、保育園退園?」ということでした。

この点に関しては、役所でしっかり確認し、問題ないことを確認したので一安心。

※ある区では、第2子の自宅保育をしながら、第1子を保育園に通うことが認められないとのこと。

その場合は、第2子が保育園入園するまで、ベビーシッターやファミリーサポート等の利用をして、「外部に保育を委託している」という証明をしなければならないそうです。

心配なフリーランスのマタニティママは、役所に確認してくださいね!

5.フリーランスの保育園入園申し込み

続いて、第2子の入園申し込みに関して、です。

入園申込書には、フリーランス(個人事業主)がどのようなスケジュールで働くのか、タイムスケジュールを記載する欄があります。

週に72時間を超えるように、しっかりと記載します。

その他に「今、フリーランスとしてこんな仕事しています!」ということをアピールするための資料(自分が作成した資料など)を提出しました。

※入園可否の結果は、2020年1月末にわかります。

6.まとめ

住んでいる地域にもよりますが、フリーランスのママでも保育園に通わせることができることがわかりました。

フリーランスになると、固定収入がなくなり、いろいろ不安が生じます。

しかし、保育園に通わせながらも、時間に追われすぎることなく、子供との時間を持てるようになりました。

(在宅仕事のため、家がきれいでないと落ち着かないため、いつもきれいに保たれていることも筆者や家族にとってメリットです)

また、住んでいる地域によって、フリーランスの申し込み条件が異なってくる場合があるため、早めに確認をしておくことをおすすめしますよ。