【ディズニー英語システム】DWEで失敗するパターンを徹底解説!

ディズニー英語システム(DWE)を購入して「失敗したらどうしよう」と考えている方は必見です。

高額な英語教材である、DWEはメルカリ等の中古にも良く出回っています。

「もしかして、うちも失敗してしまうかも」と心配している方も多いのでは?

本記事では、どんな家庭がディズニー英語システム(DWE)を購入して失敗してしまうのかをご紹介します。

DWE大活躍の我が家と、DWEがゴミ同然になってしまっている親友一家はどんな点が違うのか。

ぜひディズニー英語システム(DWE)を検討している方は参考にしてくださいね。

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因:失敗した家庭のプロフィール

まずは、ディズニー英語システム(DWE)を導入して、失敗している家庭のプロフィールをご紹介します。

筆者の親友家族で、夫も含めてとーーーっても仲が良いです。

実は、筆者よりもずっとずっと前にDWEをスタートしました。

4人家族で、パパもママもふたりとも(当初は)DWEに惚れていました。

親友家族がDWEを購入した時には、筆者は妊娠中でうらやましかったことを覚えています。

・パパ:英語育児に協力的で、DWEに当初は燃えていたイケメン。エリートサラリーマン。

・ママ:キャリアウーマン。幼児教育全般に力を入れている。穏やかで素敵なママ。

・お兄ちゃん:現在小学校2年生で、くもんを頑張っている。0歳の頃に、DWEを購入。

・弟:現在年長さん。外で遊ぶことが大好きな元気いっぱいの6歳児。

ちなみに、3階建ての立派な一軒家に住んでいます。

親友家族は、ディズニー英語システム(DWE)を購入して、1年後にはもうほとんど使っていませんでした。

一方、我が家は購入して約2年たっても、非常に活躍しています。

一体どんなところが違ったのか、次章から詳しく解説してきます!

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因:リビングに教材を置かない

ディズニー英語システム(DWE)で失敗してしまう要因として

リビングに教材を置いてない

ことが挙げられます。

逆に言えば、筆者がDWEを継続している秘訣は、

「リビングに教材を置いていつでも触れられるようにしてあること」

だと確信しています。

その他、本棚・コマ・トランプ・折り紙などを除いたおもちゃは別室にあります。

一方、失敗している親友家族はリビングではなく、物置小屋にDWEがあります…(苦笑)

いつでも教材を見て、触れられる環境にないと、失敗してしまうのも無理がありません。

まず、ディズニー英語システム(DWE)を始めるとしたら、教材がリビングに置けるのか?は最低限考えてみてくださいね。

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因:Eテレやアンパンマンをよく見ている

ディズニー英語システム(DWE)で失敗してしまう要因として

DWE以外のテレビを見続けてしまう

ことがあげられます。

Eテレの子ども向け番組やアンパンマンは、とにかく楽しくてついつい長い時間見てしまいます。

そうすると「ディズニーやだ!アンパンマンみたい!」となってしまいます。

失敗している親友家族は「Eテレ見せすぎちゃったかな」とつぶやいていました。

ただ、幼稚園や保育園に行っていると、友達からの情報もありどうしても見たくなってしまうのも事実です。

そんな時、我が家では(どうしても見たい番組は)見せるようにしています。

ただ、なんとなくEテレをつけてしまうということはやめています。

少しでもチャンスがあれば、ディズニー英語システム(DWE)のDVDをつけていますよ!

そして、ディズニー英語システム(DWE)をつけている時間は、ママも楽しみましょう♪

そして、ちょっとでも英語を発語したら褒めまくります!

ダンスの場面では、できるかぎり一緒に踊ったり、手をたたいたりと、とにかく子どもにとって

ママ(パパ)と楽しい時間が過ごせるのが、ディズニー英語システム(DWE)だ♪

と刷り込ませます(笑)

すると、抑制するのではなく、自主的にディズニー英語システム(DWE)を求めてきますよ。

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因:すきま時間に教材を活用しない

ディズニー英語システム(DWE)を失敗させないコツは、やはり「すきま時間の活用」に限ります。

家事や育児、仕事で忙しい毎日だと、ちゃんとした時間が取れないことが多いと思います。

実際、我が家もまとまった時間は取れていません。

だからこそ、朝食時や夕食時、お風呂の時間などはDEWのCDを掛け流す(iPhoneから流す)ことを大切にしています。

朝、情報番組を流しながら朝食を食べるのではなく、小さい音であってもDWEを流す…

こんなことができる家庭は、きっと成功しますよ!

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因:子供に教えたがる

ディズニー英語システム(DWE)をするときのポイントは、

子どものしたことを褒めまくる

ことです。

だからこそ、ちょっと親的には不思議なことを言っていても否定はしないことが重要です。

親友家族のパパは、真面目で賢いタイプなのでつい「そこは違うよ」と注意してしまうことが多いのだとか。

それに、子どもの耳は大人よりも数段優れているので、子どもの方が合っている可能性も高いです。

子どもが教材を楽しんでいるときには教えずに、褒めることに徹することが必要不可欠です。

教えたがりの方は、その点が自重できるかがポイントになりますよ。

まとめ

ディズニー英語システム(DWE)の失敗要因をご紹介しました。

実際に、成功家庭と失敗家庭を比較しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ちなみに、現在は「DWE失敗」しかけている親友家族も今は建て直し中です(笑)

すっごく良い方向に向かっているので、また追って記事にできたらと思います。

ディズニー英語システム(DWE)は無料のサンプルもあるので、まずはサンプルから試してみると良いかもしれません。

筆者も、擦り切れるまでサンプルを視聴し、家で続けられるかを何度もシミュレーションしましたよ!