【実録】ディズニー英語システム無料体験の内容!断り方も!

ディズニー英語システム(DWE)の“わくわく英語体験”についてお届けします。

ディズニー英語のサンプルを取り寄せた後、アドバイザーさん(営業)の方が来て、ディズニー英語システム(DWE)について説明することを、“わくわく英語体験”と呼びます。

実際の“わくわく英語体験”の内容や、営業さんの勧誘に関してなど、メモ魔の筆者が残しておいた記録を全公開致します!

「わくわく英語体験をしてみたいけど、どんな内容なの?」

「営業さん(アドバイザーさん)は怖い?」

といった不安を抱えている方、必見ですよ。

ディズニー英語システム:わくわく英語体験とは?

ディズニー英語システム(DWE)の“わくわく英語体験”では、自宅に営業の方が来て、ディズニー英語の説明をしてくれます。

ディズニー英語の無料サンプルを取り寄せた後に、この体験を行うことができます。

ちなみに、営業の方の名刺には、「幼児教育アドバイザー」という肩書がついていました。

そのため「アドバイザーさん」と呼ばれることが多いそうです。

ディズニー英語のわくわく英語体験でできることをまとめてみました。

①実際の教材に触れて遊ぶことができる

②昨今の英語教育の流れについて知ることができる

③値段や支払い方法について知ることができる

④(パパが消極的な場合)一緒に説得してくれる

特に、実際の教材に触れられるのは、子供とディズニーの親和性を見極めるチャンスでもあります。

そして、「我が家だったら、こんな取り組み方をしたら続けられそう」というイメージができました。

筆者は、2度ディズニー英語の“わくわく英語体験”を経験しましたが、2度とも良い時間でしたよ。

もちろんお値段はかからず、「無料」です!

そして購入の義務はありません。

筆者も1度目はあっさり帰って頂きました。

ディズニー英語システム:わくわく英語体験の場所

ディズニー英語システムの“わくわく英語体験”は、主に自宅で受けることができます。

アドバイザーさんによると、赤ちゃんがいる家庭が多いとのこと。

そのため、移動の手間がなかったり、途中でおむつ替え・授乳などができる自宅が便利だそうです。

「どうしても自宅はイヤ!」という方は、全国各地にある「イングリッシュラーニングセンター」でお話を聞くこともできるそうです。

イングリッシュラーニングセンターの場所を調べてみたところ…

札幌・仙台・新宿・二子玉川・吉祥寺・横浜港北・さいたま新都心・南船橋・浦安・新潟・松本・名古屋・岡崎・豊田・心斎橋・千里中央・西宮北口・三宮・広島・高松・福岡

と、様々な場所にありました。

筆者は、自宅が便利だったので、自宅にしましたが「自宅は勘弁!」という方は、上記のような場所も良いかもしれないですね。

ディズニー英語システム:わくわく英語体験の内容

では、ディズニー英語システムのわくわく英語体験の内容についてお届けします。

筆者のメモを参考に、できるだけ詳細に記載していきますね。

1.挨拶とアンケート

アドバイザーさんのご挨拶からスタートです。

2度とも、少し大きなお子さん(高校生や大学生)がいるお母さんでした。

お二人とも、子供が小さいころからディズニー英語システム(DWE)を使っていて、「成果があった!」「このディズニー英語がすき!」という方です。

「この教材買って!」というゴリゴリした感じではなくて、「こんないい教材知らないなんてもったいない!」「まずは知ってほしい!」という、愛情?が強い感じです。

すごくきれいで、朗らかで、筆者はとっても良い印象を受けました。

アドバイザー
●●ちゃんのサンプルの反応はいかがでしたか?
まずは、サンプルの感想を聞かれました。
子供のディズニー英語システム(DWE)への食いつき具合を確認している様です。
我が家は子供がノリノリだったので、その旨を伝えたら喜んでいました♪
アドバイザー
英語を早くから始めることへの不安はありますか?
おそらく「早くから英語を学んでしまうと日本語がおろそかになる」という心配をしている家庭向けに聞いているのだと思います。
結論から言うと、複数の言語回路がある場合、それをスイッチで切り替えるようにして、別々に脳が動くので、言語が混乱することはないとのこと。
むしろ、複数の言語を身に着けることで、母国語の知能もUPするそうです。
夫は、「日本語ができてからでも…」という考えだったので、丁寧に説明してくださいました。
アドバイザー
●●ちゃんの英語教育に、パパはどのようなお考えですか?

事前の電話にて、筆者(母)が積極的なことが伝わっていたため、夫の考え方を確認していました。

夫婦の相違があると、ディズニー英語システム(DWE)はなかなか始められないですからね。

このように、いくつかの質問があった後に、本題に入りました。

2.近年の英語教育について

ディズニー英語システム(DWE)の教材の説明に入る前に、英語に関する最新情報の説明がありました。

特に筆者が印象に残っていること(メモに残していたこと)を中心にお届けします!

アドバイザー
中学から英語を始めて、英語がスムーズに話せるようになる確率って、何パーセントくらいだと思いますか?
この回答、結構びっくりしました。(エビデンス聞けばよかった笑)
アドバイザー
実は、1,000人に2人、0.2%なんですよ。では、中学以降に英語を話せるようになった方はどんな事をやって、英語をマスターしたと思います?
筆者が「留学?」と答えると、正解でした。
その留学は、1年に300万程度かかり、それが2~3年だと900万くらいかかってしまうそうです。
…この導入だけで「あれ?ディズニー英語の30万~80万(教材のグレードによって値段が違う)って安くない?」というマジックを掛けられてしまいました!笑
続いて、日本人が英語が苦手な理由についてです。
アドバイザー
日本語と英語は音の数が違うんです。日本語は、108 音で構成されているのに対し、英語は1808音もあるんです。でも、産まれた時からずっと英語も日本語も聞き続けていれば、108音も1808音もどちらも聞き取れるような耳に育つんですよ!
もう少し、ここは細かく説明されていたような気がしますが…
とにかく、「赤ちゃんはどの国に産まれてくるかわからないので、どの言語も身に着ける力を持って生まれてくる。しかし、日本語しか聞いていないと日本語しか聞き取れない耳になる」という論理でした。
ううーん、なるほど。
いちこ
だから、小学生くらいで英語教室に週1回いっても、あんまり効果がないんだろうな…(筆者の苦い実体験です…)
ちなみに筆者の娘は、ディズニー英語システム(DWE)を始めてから、2年。
英語で聞いたことは、英語でリピートできる力が備わっています。
英会話までは至っていませんが(あいさつ程度は可能)、何も英語教育をやっていない同じ年の5歳児とは差がついてきているのを感じます。
でも…0歳から始めてればもっと身に着いただろうな~。
スタートが遅いこと、本当に後悔しています!
続いて、英語を身につける秘訣を教えてくださいました
アドバイザー
英語を身に着けるためには、まず2000時間聴かせることからスタートします。しっかり聴きこんでなくてもいいから、とにかく2000時間。お食事や遊びの時間も含めて聴かせてあげてくださいね
この時、「もし週1回だけの英語教室で、2000時間だと…1年で39回しか行けないから、52年間通い続けないと、2000時間に到達しなくなってしまいます」という説明もありました。
「それなら英語の映画とか、洋楽とかなんでもいいから2000時間かけてればいいんじゃない~」と筆者は思いました。が!
違うらしいです(笑)
ディズニー英語システム(DWE)は、高校卒業程度までの構文を用いて、日常会話で使用できる文で構成された音楽や内容とのこと。
たしかに、next to(となり)とか、yawn(あくび)とかも自然に出てくるんです。
しかも、俗語とかではなく、正しい英語がわかりやすい英文とリズムで構成されているな~と、筆者も日々感じています。
だから、なんでもいいから2000時間ではなく、ディズニー英語システム(DWE)で2000時間することはやっぱり意味があることなんだと、購入してからより痛感しています。

3.ディズニー英語システムの特徴

まず、ディズニー英語システム(DWE)の母国語方式について解説がありました。
アドバイザー
ディズニー英語は、母国語方式を採用しています。母国語を身に着けるように英語が身に着くんです。だから、●●ちゃんは英語を聞いたら英語のまま考える回路ができるんですよ
そして、インプットをするだけでなく、電話やイベントなどでアウトプットする場がある点についても説明がありました。
ちなみに、筆者の娘も週1階の「テレフォンイングリッシュ」が大好きです。
ネイティブと挨拶をして、歌を歌って、ちょっとした会話を楽しんでしますよ。
他にもいくつが説明を頂きましたが、筆者が感じたことは
いちこ
小さな頃から遊ぶように身に着けていたら、小学生や中学生で他の勉強に忙しいときも、英語はラクできるだろうな~。早くやってあげることが子供のためになるだろうな~。
でした。
また、赤ちゃんだから赤ちゃん向けの英語ではなく、私たちが日常会話をしているように、“子供にもちゃんとした英文を聞かせることに意味があると納得しました。
「もしパパが早く帰ってきたら、一緒にご飯を食べようね」という会話もよく子供にもしますが、英語で言ったら仮定法。
英語だって同じ考えで、高校卒業程度までの文法を使った英文を、小さな頃から聞きなじませておくのも必要なことだと思っています。

4.教材の内容

いよいよ、教材の内容についてです。
まずは、どどーーーんと全教材が掲載されたパンフレットが広げられました。
アドバイザー
今から、ご案内する教材のラインナップです。お値段は、4万円のものから80万円台まであるんです。でも購入の義務はもちろんないので、まずはご紹介だけさせてくださいね♪
最初に気になるお値段をざっくり提示してくれました。
フルセットの80万があるのは知っていましたが、4万台があるのは驚きでした。
※4万台は、プレイアロングを単品購入した場合です
ここからは、各教材についての説明がありましたが、すっごい長かったので一部ご紹介します。

トークアロングカード

まずは、トークアロングカードの説明がありました。
カードを通すと音声が流れる機械ですが、まずはママパパに問題!
 lemon ・ribbon・ duck が聞き取れるかです。
文字で見れば「え?こんなの?」という感じですが、実際超難しい(笑)
ちなみに、このトークアロングカードは単語だけでなく
Mickey and Minnie are clapping
Duck. Listen to the duck..グワーグググワッ(アヒルの鳴き声)
など、文章も入っています。
なので、単語だけでなく、英文と一緒に学ぶことができるんです。
別記事でも詳しく紹介しますが、録音機能や質問機能もあるので、購入から2年経っても飽きずに楽しんでいます♪

シングアロング

シングアロングセットは、ディズニー英語システム(DWE)に出てくる内容が、歌で覚えられる教材です。
What’s in your basket, Minnie, Minnie?♪といった、会話もポップな歌になっています。
アドバイザー
小さいときに歌った童謡って身体に染みついていませんか?そんな風に、●●ちゃんもディズニー英語の歌が大きくなっても役に立つんですよ
とお話がありましたが、まさにそう!
筆者は小さな頃、クラシックを聴いて育っていました。
だから、小さいころ聴いたクラシックが今はまったく聞いていないのに、身体に染みついているんです。
きっと、このディズニー英語のお歌を聞き続けていたら、子供にも良い影響が出てくると信じています。
他にも、すべての教材の説明がありましたが、個別で記事にしますのでそちらをご覧ください!

教材説明まとめ

ディズニー英語システム(DWE)システムの教材は、全てが連動しているスパイラル方式とのこと。
たとえば、What’s in your basket?を理解するとしたら、
・トークアロングカード⇒basketなどの単語を学ぶ・What’s in your basket?の質問
・シングアロング⇒What’s in your basket?の歌
・ストレートプレイDVD⇒What’s in your basket?の動画
・BOOK⇒What’s in your basket?の内容の話
・ステップバイステップ⇒What’s in your basket?の問題
と、全てに連動した内容で教材が作られているそうです。
アドバイザー
繰り返し、繰り返しで「しつこい!」って思うくらいやりこむことで、●●ちゃんが自分のモノにして英語を使いこなせるようになるんです
ううーーーーん、さすがディズニー英語。考えられています。

ディズニー英語システム:会員の説明など

続いて、実際に使っている子の映像を見せてくれました。
赤ちゃんの時には赤ちゃんの動画、3歳の時には3歳の子の動画を見せてくれたので、いろいろなパターンがあるのかもしれないですね。
そして、ワールドファミリークラブという会員制度の説明もありました。
アドバイザー
ワールド・ファミリークラブにご入会になると、月々の月会費3,410円です。きょうだいがいても、1家庭で3100円ですよ。※マタニティは0円・長子が18カ月までは1,320円
・週1回のテレフォンイングリッシュ
・全国各地で行われているイベント
・教材を壊してしまったときの無料保証制度
・保護者用のサポート電話
・会員専用の会報誌
などのサポートがありますよ。

ディズニー英語システム:値段の説明

最後の最後に値段の説明がありました。
特にインパクトに残っていることは、月々支払い(リボ払い)ができるという点です。
アドバイザー
普通の英語教室と同じくらい…と考えられるようでしたら、月々7300円(トークアロングカード・シングアロング・メインプログラム)のご用意もあります。でも、もし全部やってみよう!ということでしたら、今なら金利優遇キャンペーンで8900円でできます
たしかに…キャッシュで80万円台をボボーンだと、躊躇しますが、月々支払いならできる気がしてきます。
ちなみに、筆者はリボ払いです。
リボ払いをしたメリットとしては、毎月請求書が来るから「やんなきゃ!」とう意識が高まります(笑)
ちょっと金利はかかりますが、このおかげで2年間、毎日継続ができているので安いもんだと思っていますよ。
アドバイザー
ちなみに、月々8000円前後のやりくりっていかがですか?
そして優しい笑顔で、クロージングにかかってきます。
もし「正直いらない!無理!」となれば、はっきりお伝えしても大丈夫です。
筆者も実際、1回目の時は断りました。
その際は、「今は結構なので、もし必要になったら、こちらから連絡します」と言いましょう。
「考えます」だとまた連絡がきてしまいますので「こちらから連絡」とまで言い切ることがポイントです。
逆に、興味があって気になることがあれば、どんどん聞いてみましょう!
営業の方ってがつがつしたイメージがありましたが
アドバイザー
のちのちお支払いが大変になってはいけないですから、ご予算や方針に合わせて決めてくださいね
あんまり強い勧誘はせず、コミュニケーションをとりながら、良い方向になるように考えてくださった印象です。
ちなみに、その場で即決すると、即決プレミアムがあります。
DV・CDの再生機能がある、かわいいプレーヤーでしたよ♪
ただし、アドバイザーさんお二人ともがどうしても譲れずに強く言う内容があります。
それは…
アドバイザー
購入は今でなくても良いので、サンプルのDVDとCDだけは、絶対に欠かさないでくださいね!無料サンプルでも効果がありますから、●●ちゃんの将来のためにも、ぜひ続けてください!
とにかく、子供の将来を願って、サンプルでいいから耳に英語を入れて!とお話くださっていました。

まとめ

ディズニー英語システム(DWE)のわくわく英語体験についてご紹介しました。
我が家の体験談をまとめた内容になるため、営業さんによっては違った内容になるかもしれません。
一つの参考に見て頂けたら、嬉しいです。
※サムネイル画像は公式サイトよりお借りました
この記事をSNSでシェア!