イチコブログ(TOEIC勉強と子育てなど)

我慢しないで楽しいTOEIC勉強法をご紹介!その他、子供のディズニー英語・公文式体験談、その他子育てを中心に日常の出来事も記します。

【妊娠】国民年金の産前産後免除制度に申し込みしました!

2019年冬に出産予定のイチコです。

筆者は国民年金を払っています。

 

ということで、「出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度」を利用すべく、申し込みをしました!

 

国民年金の産前産後免除制度:免除期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されるそうです!

 

ちなみに、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されますよ。
※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。残念ながら、死産、流産、早産されてしまった方も含むそうです。

 

例えば、2019年10月産まれの場合。

2019年7月(3ヶ月前)

2018年8月

2019年9月

2019年10月(出産)

2019年11月

2019年12月(6ヶ月終了)

が免除期間になるようです。

 

国民年金の産前産後免除制度:対象者

国民年金第1号被保険者で出産日(出産予定日)が2019年2月1日以降の方が、対象者です。

 

比較的、新しい制度なんですね!

 

国民年金の産前産後免除制度:届出時期


出産予定日の6か月前から届出が可能です。


ただし、届出ができるのは2019年4月以降とのこと。出産後に届出をした場合、還付金があるそうですよ!

 

国民年金の産前産後免除制度:届出先

 

居住している場所の、年金事務所に届出をします。筆者は、区の年金事務所に郵送で提出しました。

 

届出方法の記載がなく「郵送で大丈夫か?」不安だったので、改めて区の年金事務所に電話で確認したところ、OKとのお返事がありましたよ。

 

国民年金の産前産後免除制度:必要書類

 

①出産前:母子健康手帳又は、医療機関が発行した証明書その他の出産予定日を明らかにすることができる書類

 

筆者は、区の年金事務所に電話で確認し、母子手帳の出産予定日をコピーして添付しました。


②出産後:母子健康手帳又は、医療機関が発行した証明書その他出産の日及び身分関係を明らかにすることができる書類(戸籍謄本など)。

 

③死産等:死産証明書又は、死胎埋火葬許可証等及び母子健康手帳

 

上記①〜③のいずれかと、国民年金被保険者関係届書(申出書)の書類が必要となります。

国民年金被保険者関係届書は、日本年金機構のホームページからダウンロードできますよ!

 

f:id:ichiko990:20190709094100j:image

 

窓口では、マイナンバーカードが必要な場合もあるのでご注意ください。

 

以上が、国民年金の産前産後免除制度についてです。筆者も妊娠して、この制度を知りました!申請するだけで、8万近く⁉︎免除されるなら、必ず利用したほうがお得です。

 

ちなみに、免除されても年金受給額に変わりないのでご安心を♫

 

参考になりますと、幸いです。