イチコブログ(TOEIC勉強と子育てなど)

我慢しないで楽しいTOEIC勉強法をご紹介!その他、子供のディズニー英語・公文式体験談、その他子育てを中心に日常の出来事も記します。

【幼児教育】くもんの宿題で、学習習慣がついてきた!

公文式をスタートしてから、約1週間。

 

4歳の娘が欠かすことなくやり続けていることが、「くもんの宿題」です。

 

毎日20枚の宿題ご出ています。

●ひらがなを読むプリントが10枚

●線を引くプリント(運筆)が10枚

とにかく、高い意識を持ってやっています(笑)

 

今までの生活との差も含めて、現在の様子をお伝えします。

 

くもんの宿題:くもんを始める前

「こどもちゃれんじ」をやっていましたが、母である筆者しか監修しないので、説明と違うことをして注意しても「これでいいの!」と聞かない娘。

 

ひらがなもオリジナリティ満載で、困っていました。

 

また毎日決まって学習することもありませんでした。

 

くもんの宿題:くもんを始めてから

「くもんの宿題やる!」と意志を持って宿題をやるようになりました。

 

翌日にお出かけがあり、できなそうな時はなんと前日に40枚も!

 

集中して取り組む姿に、筆者も感動してしまうこともあります。

 

宿題をすると、お教室の先生がほめてくれたり、花丸をくれたりするのも、嬉しいポイントなようです。

 

まとめ

「やっててよかった、公文式!」が徐々に実現出来てきています。

まだ1週間ですが、「学習習慣をつけたい」という筆者の企みのスタートダッシュはまずまずです。

 

課題は、ディズニー英語との両立…

今月はまだCAP取得のための課題提出もできていないので、継続できるよう(親が)意志を持って楽しく取り組んでいけたらと思います。

 

今後の様子も、またレポート致します!