くもんのズンズンを3カ月継続した結果!学習習慣の定着や運筆上達など良いことづくめ!

くもんのズンズンについてご紹介します。

くもんの「ズンズン」とは、幼児向けの運筆練習をするプリントのことです。

ひらがなを書く前に、鉛筆で上手に鉛筆運びができるようになるための重要な教材。

かわいいイラストなど、工夫を凝らした内容で、子供が飽きずに運筆練習ができるようになります。

実際、筆者の子供は3カ月のズンズン特訓成果で、鉛筆をうまく使いこなせるようになっただけでなく、鉛筆の持ち方・姿勢・学習をする習慣など、多くのメリットをもたらしてくれました。

このズンズンの練習をもどかしく感じている方も多いかもしれませんが、筆者はメリットがたくさんの「ズンズン教材」を地道に頑張ることをおすすめしますよ♪

f:id:ichiko990:20190928195807j:plain

くもんのズンズン:幼児向けの運筆練習プリント「ズンズン」とは?

幼児向けの運筆練習プリント「ズンズン」とは、ひらがなの文字練習に入る前の教材です。

f:id:ichiko990:20190928201516j:plain
くもんのズンズン

(画像は公式ホームページよりお借りしました)

「ズンズン」とは、くもんの幼児向け(未就学児向け)のプリントのことです。

筆圧が弱く、思うように鉛筆を動かすことができない子供のスタートラインとなっているとのこと。

すでに「文字が書けるんだけど!」という子供を持つ親にとっては、遊びのように感じるズンズンをすることにもどかしさを感じるようです。

筆者の子供は、くもんに入会した時に、自分やお友達・先生・家族の名前をなんとなくひらがなで書ける程度でした。

ただ、筆圧や手の運び方が不十分だと思っていたので、「早くひらがなを!」をはやる気持ちは全くなりませんでした(笑)

ズンズン教材からスタートすることに大賛成でしたよ!

ちなみに、全300枚あるズンズン教材ですが、下記のようにステップを踏んでいく内容になっています。

最初の100枚:簡単な直線や曲線をかく練習

次の100枚:複雑な長い線をかく練習

最後の100枚:数字や文字を書くための基礎を練習

くもんのズンズン:ズンズンを頑張るメリットは?

くもんのズンズン教材を頑張るメリットはたくさんあります。

まず、くもんがホームページ上で公開しているメリット3つをご紹介します。

メリット①運筆力を高める

子供が通っている教室の指導者も

「書きたい方向へ鉛筆を動かすことが、幼児にとっては難しい!だからズンズンからはじめることで、運筆力を高めるんですよ」

と教えてくださいました。

たしかに、筆者の子供は「まま」と書きたいのに、その下のくるっと回すところに苦戦していました。

メリット②:筆圧が安定する

鉛筆を持ち始めたばかりの子は、筆圧が弱くなりがちとのこと。

だからこそ、ズンズン教材を通じて、指先を使ってしっかり書く練習をして、筆圧を安定していくのです。

メリット③集中力を高める

ズンズンは、10枚で1セットになっています。

裏と表があるので、20ページで1日分の宿題です。

※多いと感じる方は、教室の先生に相談すると減らすこともできるそうですよ

この10枚を一気に完成させることで、集中力が高まります。

実際、最初は2枚くらいで遊んでいた子供も10枚やりきる力がついてきましたよ!

メリット④鉛筆の正しい持ち方が定着する

ここからは、筆者が感じるメリットです。

くもんでは、子供にぴったりの鉛筆を紹介してくれます。

5歳児の子供の場合は、やわらかい芯で短い「6B」がぴったりとのこと。

また、この長さが重要で、長すぎると運筆練習の妨げになるそうです。

くもんの持ちやすい長さの三角形のえんぴつを使うことで正しい鉛筆の持ち方もマスターすることができています。

メリット⑤楽しい教材だから良いスタートが切れる

ズンズンはイラストたっぷりの「やってて楽しい」教材です。

だからこそ、

くもん=嫌な勉強

というイメージよりも

くもん=楽しい♡

と感じている様です。

(もちろん親も褒めまくりで、環境作りをしていますが…)

ズンズンが楽しいからこそ、くもんに通う良いスタートになっていると我が家では感じています。

くもんのズンズン:スムーズに進めるには?

これまで、ズンズンのメリットを紹介してきましたが「でも、やっぱりひらがなを書くところまでスムーズにいきたいわ!」と思う方も多いはず。

筆者自身が、くもんのベテラン指導者に聞いた「ズンズン教材をスムーズに終わらせるコツ」をご紹介します。

それは、

・1日10枚の宿題をやりきる

とのこと。

うーん。非常にシンプル!

しっかりと毎日学習を行っているからこそ、ズンズンで身に着けてほしい「鉛筆の運び方」が定着しやすくなるそうです。

また、そのためには

・姿勢を良くする

・鉛筆を正しく持つ

ことが前提条件ともおっしゃっていました。

上記2点の条件が揃うことで、集中力が高まり、ズンズンのスピードも上がります。

とにかく我が家でも、「姿勢・鉛筆の持ち方」をとにかく意識した上で、宿題は絶対にやりきるようにしています。

(事前に旅行が決まっているときは、宿題を出してもらう段階で枚数を減らしてもらいます。とにかく急な病気以外は「やらない」ということはありえない環境に持ってっていますよ。)

くもんのズンズン:まとめ

f:id:ichiko990:20190928204359j:plain
くもんのズンズン

くもんのズンズン教材には、多くのメリットがあります。

子供がスムーズにひらがな学習に進むためにも、ぜひ「ズンズン」を親子で楽しく行ってみてくださいね♪

www.ichiko990.com

www.ichiko990.com