TOEIC英単語の暗記で効果的な方法を伝授!意識と行動改革がすべて!

こんにちは、イチコです。

育児をしながら、英語学習にも取り組んでいます。

「TOEICの英単語暗記がなかなか進まない」

「英単語暗記って、最後までやり遂げられない」

「英単語の暗記ができない」

という方に向けて、環境と意識改革を行う重要性をご紹介します。

英単語暗記は、脳みその出来不出来ではなく

どこまでやりきるか

がポイントになってきます。

筆者自身、自分への戒めも含めて、効果的な方法をお伝えします。

f:id:ichiko990:20191009035146j:plain

【TOEIC】英単語の暗記で効果的な方法:意識を変える

TOEIC英単語の暗記で効果的な方法は、まず

英単語暗記に対する「意識を変える」

ことです!

何の意識かというと、

「まとまった時間で暗記をしよう!」

「一度や二度で覚えよう!」

という意識を変えることです。

具体的には、

「まとまった時間で暗記をしよう!」

隙間時間を使いまくろう!

「一度や二度で覚えよう!」

何度忘れてもOK!100万回でもやりなおそう!

と、いう意識に書き換えてください。

人間の脳は何度でも忘れるものです。

ましては自分のものすっごい興味がある内容でない限り、一度聞いたこと・見たことは記憶のかなたへ消えていきます。

それは能力不足ではなく、自然な生き物の仕組みなのです。

だからこそ、TOEIC英単語の暗記で効果的な方法は、隙間時間を使って、何度も何度も何度も何度も覚えなおすことです。

正直、この作業はめんどくさいかもしれません。

でも、ポケットからスマホを取り出すくらいの自然な行動になるくらいまで、身体にしみ込ませます。

つまり、今後の隙間時間は、スマホを眺める時間を無くして

全て単語暗記に費やすくらいの意気込み

を持つことが大切です。

逆に、Yahoo!ニュースや友達とのたわいもないLINE、インスタ閲覧などは

・お昼休み時間の20分だけ!

・夕食後の20分だけ!

と時間を決めて行うようにするとよいでしょう。

筆者もスマホは敵だと気づいてから、時間の使い方が効率的になりました。

TOEIC英単語の暗記で効果的な方法として、まずは意識を変えてみてくださいね!

【TOEIC】英単語の暗記で効果的な方法:単語カードやシート準備

TOEIC英単語の暗記で効果的な方法の2つめは、単語カードやシート準備することです。

以前の記事で、一冊の本をやりこむ方法をお伝えしました。

とにかく、キクタン990を読み込むことの大切さをお伝えしています。

www.ichiko990.com

上記のやり方で、合っている方はこのままでOKです!

ただし「そんななにテキストを持ち歩けないよ~」という方に向けては、何度も間違えた単語だけを書き写した、単語カードやシートを準備することをおすすめします。

ポイントは「何度も間違えた単語だけ」という点です。

全てを書き写すなんて、時間がもったいないので「ここぞ!」という単語だけにしてください。

単語カードであれば、常にポケットに忍ばせます。

ポケットがない洋服の場合は、斜め掛けのカバンに入れてすぐに取り出す準備をしてください。

筆者は、外出するときもポケットに単語カードを入れられるように、ポケットのある服か斜め掛けのカバンか、どちらかはマストにしていますよ!

そして、バスを待つ間・コンビニでレジを待つ間・レンジでチンしている間・コーヒーを飲んでいる間など、とにかく今までだったらスマホを手にしていただろうという時間全ての時間に英単語カードを取り出します。

単語カードでポケットがふっくらしてしまうのが気になる方は、ルーズリーフなどのシートに書き写してもよいでしょう。

シートだと、持ち歩かなくなったものをトイレやキッチンなど家のいたるところに貼れるメリットもありますね。

TOEIC英単語の暗記で効果的な方法として、単語カードやシート準備することを取り入れてみてくださいね!

【TOEIC】英単語の暗記で効果的な方法:まとめ

TOEIC英単語の暗記で効果的な方法を2つご紹介しました。

たった2つのことをするだけで、グンと暗記に対する意識と行動が変わりますよ!

とにかく、なんどもなんども目にすることで「apple=りんご」レベルまで英単語暗記の精度を高めましょう。

筆者も引き続き、頑張ります!